• ホーム
  • 折々の手続き
  • サービス一覧
  • お知らせ
  • 中央区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 中央区ニュース(一覧) > 「包丁いらず!20分でできる晩ごはん」~食生活改善推進員養成講座

ここから本文です。

更新日:2018年6月29日

「包丁いらず!20分でできる晩ごはん」~食生活改善推進員養成講座

写真:食生活改善推進員養成講座1

6月26日(火曜日)9時30分から、中央保健センター2階栄養実習室(中央区南3条西11丁目)において中央区食生活改善推進員養成講座「献立の立て方と調理」が行われ、18人が参加しました。

これは、食生活改善の輪を広げる推進役となる人材を養成することを目的とし中央区が毎年開催している講座(全6回)のうちの一つで、バランスの良い献立の立て方と手間を抜いているのに美味しく料理を作る方法などを学ぶものです。

この日は、今多恭子(いまた・きょうこ)管理栄養士による講話からスタート。献立づくりのこつの他、カット野菜などを使って下ごしらえを短縮したり、ブロッコリーやナスの下ゆでに電子レンジを使ったりするなど料理の初心者でもできる手間抜き方法が講師の体験談も交えながら紹介されると、参加者は深くうなずきながら熱心にメモを取っていました。続いて調理実習が行われ、参加者は「味付けにはドレッシングを使う」「野菜の根やキノコの石づきはキッチンバサミで取る」などの手間抜き方法を実践しながら「切り身魚のドレッシング焼き」「きのこの白和え風サラダ」「たたききゅうりのナムル」「めかぶともやしの卵スープ」の4品を30分ほどで調理しました。

料理が完成すると、「包丁を使わず簡単にできたのに美味しい!」「たくさん野菜を食べることができるのに簡単!」などと会話しながら試食を楽しみました。

写真:食生活改善推進員養成講座2

写真:食生活改善推進員養成講座3

写真:食生活改善推進員養成講座4

このページについてのお問い合わせ

札幌市中央区保健福祉部健康・子ども課

〒060-0063 札幌市中央区南3条西11丁目

電話番号:011-511-7221

ファクス番号:011-511-8499