• ホーム
  • 折々の手続き
  • サービス一覧
  • お知らせ
  • 中央区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 中央区ニュース(一覧) > 伝統食を学ぶ~食育体験レストランin北星学園

ここから本文です。

更新日:2018年6月20日

伝統食を学ぶ~食育体験レストランin北星学園

写真:食育レストランin北星学園1

6月19日(火曜日)午後1時25分から、北星学園女子中学高等学校(札幌市中央区南4条西17丁目)において、「みんな元気!!食育体験レストランin北星」が開催され、同校の5年生(高校2年生)45人が受講しました。

これは、高校生が郷土食について知り、実際に料理することを通して、地産地消や環境に配慮した食生活などについて学び、栄養に関する知識を深めることを目的に、光塩学園調理製菓専門学校(以下「光塩学園」)や中央区食生活改善推進員協議会の協力を得て、中央区健康・子ども課が実施したものです。

この日は、6月12日(火曜日)に行われた光塩学園による講演「札幌の食文化」(講師:南部ユンクィアンしず子理事長および田安透日本料理助教授)に引き続き、調理実習「札幌まつりの食」で札幌の伝統食について学んだ。

生徒たちは、食生活改善推進員からキヌサヤの筋を取る方法や手綱こんにゃくの作り方などを教わりながら、札幌市中央区が発祥と言われている「甘納豆入り炊込み赤飯」の他、「時鮭の焼き浸し」「札幌祭の煮しめ」を調理した。

料理が完成すると「煮しめは味が染みていて美味しい」「お赤飯をもっと食べたい」などと楽しく会話しながら、試食を楽しんだ。

なお、6月25日(月曜日)にも他のクラスの生徒37人が同じ内容の調理実習を行う予定。

写真:食育レストランin北星学園2

写真:食育レストランin北星学園3

写真:食育レストランin北星学園4

このページについてのお問い合わせ

札幌市中央区保健福祉部健康・子ども課

〒060-0063 札幌市中央区南3条西11丁目

電話番号:011-511-7221

ファクス番号:011-511-8499