• ホーム
  • 折々の手続き
  • サービス一覧
  • お知らせ
  • 中央区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 中央区ニュース(一覧) > ズンドコで笑顔!~健康づくり交流会開催

ここから本文です。

更新日:2018年3月14日

ズンドコで笑顔!~健康づくり交流会開催

写真:健康づくり交流会

演歌体操を楽しむ参加者

3月9日(金曜日)10時から、中央区民センター(札幌市中央区南2条西10丁目)において「健康づくり交流会」が開催され、区民126人が参加しました。

これは、健康づくりに関する知識の普及・啓発を図るとともに、区民同士の交流により健康づくりの輪が広がることを目的として、中央区健康づくり元気会(越後宰(えちご・つかさ)会長)と中央区健康・子ども課が毎年開催しているものです。

13回目となったこの日は、株式会社明治北日本支社の平川浩司(ひらかわ・こうじ)さんによる講演「上手に食べて、体を動かし、元気に長生き」からスタート。平川さんは、下肢の筋力を付けるための運動法や、市販の総菜を活用してバランス良く栄養を取る方法など、健康寿命を伸ばすためのヒントについて運動と食生活の両面から紹介しました。

続いて、市内で体操などの指導を行っている大高一郎(おおたか・いちろう)さんが講師となり、「演歌でエクササイズ!!誰でもできる演歌体操」を参加者全員で実演しました。曲目は、氷川きよしさんの「きよしのズンドコ節」。初めは手足が上手く動かなかった参加者も、何度か練習するうちに「ズンズンズンズンドコ!き・よ・し!」のリズムに乗って、笑顔で体操していました。

最後は、中央区食生活改善推進員が、ロコモ(骨や筋肉などの衰えにより移動機能が低下した状態)を予防するためのレシピをいくつか紹介しました。レシピは、肉、魚介、卵、乳製品、大豆など、骨や筋肉を作るために必要となる栄養素を豊富に含んでいるうえ、手間が少なく手軽に作れるものばかり。会場では、レシピのうちの一つである「甘酒ミルク」が配られ、演歌体操で一汗かいた参加者は美味しそうに飲んでいました。

写真:健康づくり交流会

スクワットの正しい姿勢を説明する平川さん

写真:健康づくり交流会

演歌体操を練習する参加者

写真:健康づくり交流会

食生活推進員のお二人

このページについてのお問い合わせ

札幌市中央区保健福祉部健康・子ども課

〒060-0063 札幌市中央区南3条西11丁目

電話番号:011-511-7221

ファクス番号:011-511-8499