• ホーム
  • 折々の手続き
  • サービス一覧
  • お知らせ
  • 中央区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 中央区ニュース(一覧) > 地元の歴史とお菓子を楽しむ~おしゃべりカフェ開催

ここから本文です。

更新日:2018年3月2日

地元の歴史とお菓子を楽しむ~おしゃべりカフェ開催

写真:おしゃべりカフェ

2月20日(火曜日)14時から、本府・中央まちづくりセンター(札幌市中央区北1条西2丁目)において「おしゃべりカフェ」が開催され、地域住民約40人が参加ました。

おしゃべりカフェは、本府・中央地区の住民がお茶とお菓子を楽しみながら、知っていそうで知らない中央区の歴史や文化を語り合う場のこと。この地区の民生委員児童委員協議会が平成20年に始め、年に3回ほど開催しています。

26回目となるこの日のテーマは、「マリヤ手芸店の歩み」です。大正15年に手芸専門店として創業して以来、90年以上にわたり札幌の手芸文化を支えているマリヤ手芸店について、二代目店主である松村亮一(まつむら・りょういち)さん・智惠子(ちえこ)さん夫妻が創業からの歩みを語りました。聞き手は、地域の歴史や文化に関する著作などで精力的に活動している藤女子大学講師の塚田敏信(つかだ・としのぶ)さん。会場のスクリーンには、創業から現在までの店舗や智惠子さんの幼い頃などを写した写真に加え、塚田さんの持つ昭和初期の周辺地図も映し出され、夫妻は、開店のきっかけや店の歴史、智惠子さんの母である初代店主の思い出などを懐かしげに話しました。

途中、参加者には「とうまん」などのお菓子が配られました。塚田さんが、「丸井今井デパートで現在も販売しているとうまんは、以前この地域にあった中央創成小学校のPTAが活動資金集めのために製造・販売を始めたものだ」とエピソードを披露する場面もあり、参加者は驚きながらお菓子を頬張っていました。

写真:おしゃべりカフェ

写真:おしゃべりカフェ

このページについてのお問い合わせ

札幌市中央区市民部本府・中央まちづくりセンター

〒060-0001 札幌市中央区北1条西2丁目1番地 札幌時計台ビル10階

電話番号:011-251-6353