• ホーム
  • 折々の手続き
  • サービス一覧
  • お知らせ
  • 中央区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 中央区ニュース(一覧) > 子どものために健康でいよう!~妊婦の夫が料理デビュー

ここから本文です。

更新日:2018年3月2日

子どものために健康でいよう!~妊婦の夫が料理デビュー

写真:うちパパ飯

2月19日(月曜日)18時30分から、中央保健センター(札幌市中央区南3条西11丁目)において「うちパパ飯~健康パパデビュー~」が開催されました。

これは、中央区在住の初妊婦とその夫を対象とした健康講座です。調理実習と栄養士・保健師の講話を通じ、生活習慣病予防への意識を高めてもらうことが目的で、中央区健康・子ども課が主催し、12組の夫婦が参加しました。

この日は、夫による調理実習からスタート。中国料理シェフ飛内智幸(とびない・ともゆき)氏の指導の下、焼き肉風味チャーハンを作りました。「チャーハンをパラパラに仕上げるには、炒める前にご飯と溶き卵をよく混ぜて、米粒をコーティングしておくことと、ご飯と具を別々に炒めることが秘訣」とシェフが話すと、参加者は「へー!」と驚きながら聞いていました。普段調理しない男性でも手軽に作れるよう、味付けには市販の焼き肉のたれを使用。ひき肉、野菜、きのこが入った具だくさんのチャーハンが15分ほどで出来上がり、参加者全員で、チャーハンにぴったりのバンバンジーサラダ(ゆで鶏のサラダ)と中華スープとともに試食しました。

試食後は、区の栄養士と保健師による健康講話が行われ、食事・運動・喫煙・飲酒などの普段の生活習慣の振り返りを行いました。参加者からは、「野菜の摂り方を改めたい」「目先の食欲にとらわれず、10年・20年後を意識した食生活を取り入れたい」などの感想がありました。

写真:うちパパ飯

写真:うちパパ飯

写真:うちパパ飯

このページについてのお問い合わせ

札幌市中央区保健福祉部健康・子ども課

〒060-0063 札幌市中央区南3条西11丁目

電話番号:011-511-7221

ファクス番号:011-511-8499