• ホーム
  • 折々の手続き
  • サービス一覧
  • お知らせ
  • 中央区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 中央区ニュース(一覧) > 減塩でいつまでも健康に!中央区食育パネル展開催

ここから本文です。

更新日:2017年12月20日

減塩でいつまでも健康に!中央区食育パネル展開催

写真:減塩パネル展

12月15日(金曜日)10時から15時まで、札幌駅前通地下歩行空間(愛称「チカホ」)の憩いの空間(札幌市中央区北2条西4丁目)において「中央区食育パネル展~みんなで考える減塩」が開催されました。

これは、一日7~8万人もの市民や観光客が通行するチカホにおいて、より多くの人々に減塩に関心を持ってもらおうと、中央区食生活改善推進員協議会と中央区健康・子ども課が企画・実施したものです。

パネル展では、「みそ汁は、みそを減らして牛乳をプラス」や「卵焼きは、だし汁+みりんで塩いらず」など気軽に始められる31のアイデアを展示し、来場者が「いいね!」と思うものに投票しました。最も人気があったのは「ポテトサラダは、マヨネーズとヨーグルトを半々にする」でした。

また、握り寿司やサンドイッチ、生姜焼きなどの食品サンプルと、それぞれの料理に含まれる塩分量の展示もありました。「握り寿司って意外に塩分が多いのね」と驚く来場者もおり、無意識に摂取しがちな塩分を意識するきっかけとなっている様子でした。

この他、実際に塩をつまんで重さを量り、自分の「塩ひとつまみ」が何グラムなのかを実感できるコーナーや、区役所と食生活改善推進員協議会の食育活動を紹介するコーナーもあり、憩いの空間はたくさんの来場者でにぎわっていました。

写真:減塩パネル展

写真:減塩パネル展

写真:減塩パネル展

このページについてのお問い合わせ

札幌市中央区市民部総務企画課

〒060-8612 札幌市中央区南3条西11丁目

電話番号:011-205-3216

ファクス番号:011-231-6539