• ホーム
  • 折々の手続き
  • サービス一覧
  • お知らせ
  • 中央区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 中央区ニュース(一覧) > 市電で楽しく健康に!~食育カフェ開催

ここから本文です。

更新日:2017年12月6日

市電で楽しく健康に!~食育カフェ開催

写真:市電カフェ

12月1日(金曜日)11時から、貸し切り電車(市電)に乗って健康的な食生活について学ぶ「市電で食育カフェ」が開催され、65歳以上の区民25人が参加しました。

これは、区民の健康寿命の延伸を図るとともに、家に閉じこもりがちとなる高齢者に外出を促すことを目的とし、中央区食生活改善推進員協議会(村田多輝子(むらた・たきこ)会長)と中央区健康・子ども課が主催したものです。

この日はまず、株式会社明治の栄養士から、高齢者の食生活に関するアドバイスがありました。健康な体を保つためには、簡単に済ませがちな朝食にも、肉や魚、野菜、海藻などを意識的に取り入れることが大切と説明し、参加者はメモを取りながら真剣に聞いていました。

続いて、『ずいずいずっころばし』や『青い山脈』を歌いながら簡単な体操でお腹を空かせた後は、お待ちかねの試食タイム。食生活改善推進員が考案した「セコマのザンギで!黒酢あんかけ丼」を全員で食べました。これは、コンビニで手に入るザンギ、カット野菜、煮玉子を利用したもの。栄養豊富ながら、少ない手間と材料費で調理できるのが特長です。参加者は「美味しい!コンビニの総菜で作ったとは思えない」「いろいろな野菜が一度に食べられるね」などと言いながら車内での食事を楽しみました。

最後に、区の保健師による講話「健康寿命を延伸するための運動」があり、テレビを見ながらでもいいので1日40分軽い運動を続けることが介護予防になると伝えました。

写真:市電カフェ

写真:市電カフェ

写真:市電カフェ

このページについてのお問い合わせ

札幌市中央区保健福祉部健康・子ども課

〒060-0063 札幌市中央区南3条西11丁目

電話番号:011-511-7221

ファクス番号:011-511-8499