• ホーム
  • 折々の手続き
  • サービス一覧
  • お知らせ
  • 中央区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 中央区ニュース(一覧) > 室内でも雪合戦!~インドア雪合戦大会開催

ここから本文です。

更新日:2017年11月28日

室内でも雪合戦!~インドア雪合戦大会開催

写真:インドア雪合戦

平成29年11月26日-インドア雪合戦

 11月26日(日曜日)9時15分から、札幌市中央体育館(札幌市中央区大通東5丁目)において「第16回中央区インドア雪合戦大会」が開催され、中央区内の小学生15チーム約120人が参加しました。

 この大会は、子どもたちにチームスポーツの楽しさやチームワークの大切さを知ってもらうため、中央区スポーツ推進委員会(桐生明(きりう・あきら)会長)と中央区が主催したものです。

 インドア雪合戦とは、体育館内のコートに設けられたシャトーやシェルターと呼ばれる木製の壁に身を隠しながら、ストローパイプの入った「おてだま」のような球を雪に見立てて投げ合う競技のこと。5人で1チームとなり、相手コート内に立つ旗を奪ったり、相手選手に球を当てたりして勝敗を競います。

 開会式では、桐生会長のあいさつに続き、選手を代表して山鼻かしわ児童会館所属「ベストナインズ」の佐藤琉南(さとう・るみな)君と「山鼻ハリケーン」の角田海里(つのだ・かいり)君が「日頃の練習の成果を発揮できるよう、チームのみんなと一生懸命プレーします」と元気に選手宣誓しました。

 試合が始まると選手らは、シェルターに隠れながら力強い球を相手コートに放ったり、山なりに投げた球で相手を上から狙ったりして、緊張感のある攻防を繰り広げましたた。観客席で選手を応援する家族からは、「もっと前に出ろ!」「シェルターのすぐ上を狙え!」などと大きな声援が飛び交い、選手が果敢に相手コートに走り込み、旗の奪取に成功すると会場内は大いに沸いていました。

写真:インドア雪合戦

写真:インドア雪合戦

写真:インドア雪合戦

このページについてのお問い合わせ

札幌市中央区市民部総務企画課

〒060-8612 札幌市中央区南3条西11丁目

電話番号:011-205-3216

ファクス番号:011-231-6539