• ホーム
  • 折々の手続き
  • サービス一覧
  • お知らせ
  • 中央区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 中央区ニュース(一覧) > 地域の歴史を学びながらごみ拾い~第1回中央小・三地区合同清掃活動

ここから本文です。

更新日:2017年7月18日

地域の歴史を学びながらごみ拾い~第1回中央小・三地区合同清掃活動

写真:第1回中央小・三地区合同清掃活動

平成29年7月11日-第1回中央小・三地区合同清掃活動

7月11日(火曜日)9時30分から、中央小学校(中央区大通東6 松田昌樹(まつだ・まさき)校長)の4年生84人が、東・東北・苗穂の各連合町内会と協力して、地域の歴史を学びながらごみ拾いを行いました。

これは、児童と地域の大人たちとの「顔のつながり」をつくるとともに、児童に地域への理解と愛着を深めてもらうことが目的。地域と学校との距離を縮めたいと考えた中央小学校と各連合町内会が昨年から企画し、今回初めて実施しました。

児童は、自分の住む地域(東・東北・苗穂)ごとのグループに分かれ、町内会参加者や保護者とともに出発。東地区では、新渡戸稲造記念公園、狸二条広場、北海道神宮頓宮の3か所を巡り、ごみを拾いながら歴史を学びました。新渡戸稲造記念公園では新渡戸と札幌との関わり、狸二条広場では札幌の開拓に尽力した大友亀太郎の功績を地域住民から学んだ児童たちは、真剣な表情でメモを取っていました。神宮頓宮では、宮司から頓宮の成り立ちについて聞いたほか、狛犬に恋愛成就のご利益があると教わると、全員楽しそうに狛犬をなでていました。

活動を終えた児童は「暑かったけど、ごみ拾いは楽しかった。自分の知らない話も聞けてよかった」と話していました。

写真:第1回中央小・三地区合同清掃活動

写真:第1回中央小・三地区合同清掃活動

写真:第1回中央小・三地区合同清掃活動

このページについてのお問い合わせ

札幌市中央区市民部総務企画課

〒060-8612 札幌市中央区南3条西11丁目

電話番号:011-205-3216

ファクス番号:011-231-6539