• ホーム
  • 折々の手続き
  • サービス一覧
  • お知らせ
  • 中央区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 中央区ニュース(一覧) > 楽しみながら「身を守る能力」を引き出す~桑園小児童が安全セミナーを受講

ここから本文です。

更新日:2017年7月4日

楽しみながら「身を守る能力」を引き出す~桑園小児童が安全セミナーを受講

写真:桑園小安全セミナー

平成29年6月29日-桑園小学校安全セミナー

6月29日(木曜日)10時45分から、市立桑園小学校(札幌市中央区北8条西17丁目 熊谷由紀(くまがい・ゆき)校長)において「あんぜんパワーアップセミナー」が開かれ、同校の3年生児童約160人が受講しました。

これは、危険な目に遭わないために普段から心掛けておくべき行動などを学ぶ参加体験型の安全教室で、子どもたちが持つ「身を守るための能力」を引き出すのが狙いです。中央区の他、町内会や子どもの見守りに取り組む地域団体、青少年育成委員会、警察署などで組織する中央区子どもを見守るネットワーク会議が、安全・安心なまちづくりの一環として学校と連携して行っているものです。

この日は、セミナーを考案した安全インストラクターの武田信彦(たけだ・のぶひこ)氏が講師を務め、犯罪から身を守るためにまずは「一人にならない」こと、そして「よく見る」「よく聞く」「伝える(声を出す)」「逃げる(距離を取る)」ことが大切であると安全のポイントについて語り、クイズや演劇を交え、児童とコミュニケーションを取りながらわかりやすく説明。子どもたちは声を上げて笑ったり、クイズにも元気よく答えたりしながら興味深く話を聞いていました。

また、丸めて棒状にした新聞紙を使ったゲームを通じて、子どもたちは大人の手が届かない距離の取り方について楽しみながら体感しました。

最後に武田氏が「今日みんなに伝えた安全の基本をしっかり覚えて、今後の学校生活、そしてこれからの夏休みを楽しく過ごしてください」と話すと、参加した児童らは大きな声で「ありがとうございました」と感謝の言葉を述べていました。

写真:桑園小安全セミナー

写真:桑園小安全セミナー

写真:桑園小安全セミナー

このページについてのお問い合わせ

札幌市中央区市民部総務企画課

〒060-8612 札幌市中央区南3条西11丁目

電話番号:011-205-3216

ファクス番号:011-231-6539