• ホーム
  • 折々の手続き
  • サービス一覧
  • お知らせ
  • 中央区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 中央区ニュース(一覧) > 輪投げで笑顔いっぱい健康づくり~中央区老連輪投げ大会

ここから本文です。

更新日:2017年3月3日

輪投げで笑顔いっぱい健康づくり~中央区老連輪投げ大会

中央区老連輪投げ大会

平成29年2月27日-第35回中央区老連輪投げ大会

2月27日(月曜日)13時から、中央区民センター(札幌市中央区南2条西10丁目)2階区民ホールにおいて、中央区老人クラブ連合会(花田吉治(はなだ・よしはる)会長)主催の「第35回中央区老連輪投げ大会」が行われ、区内26クラブのうち個人戦には20クラブ226人、団体戦には21クラブから37チーム(1チーム5人)が参加しました。

この大会は、外出の機会が減るこの時期にも、室内で気軽に楽しめる輪投げで体を動かし健康づくりを進めるとともに、競技を通してクラブ間の交流を深めることを目的として開催される人気のイベントで、毎年、多くのクラブ員が参加しています。

競技は、男性は4メートル、女性と80歳以上の男性は3.5メートル離れた位置から9個の輪を投げ、輪投げ盤上の得点が書かれた棒に入った輪の合計得点を競うものです。

開会式では、花田会長から「この大会が長年続いているのも、皆さんの協力があってのことと感謝しています。今日は日頃の練習の成果を存分に発揮してください」とのあいさつがあり、昨年度の優勝・準優勝チームからトロフィーが返還された後、競技が始まりました。

参加者は、用意された10のコートに分かれ、それぞれ今までの練習で身に付けたフォームで輪を投げました。高得点の棒に輪が入ったり、連続して得点したりすると、周囲から「ナイス!」「すごい!」と歓声が起こるなど、参加者はクラブや地域を越えての親睦を深めていました。

団体戦では西創成喜楽会Aチームが優勝。優勝トロフィーや賞品を手にしたメンバーに、会場からは温かな拍手が送られました。

中央区老連輪投げ大会

中央区老連輪投げ大会

中央区老連輪投げ大会

このページについてのお問い合わせ

札幌市中央区市民部総務企画課

〒060-8612 札幌市中央区南3条西11丁目

電話番号:011-205-3216

ファクス番号:011-231-6539