• ホーム
  • 折々の手続き
  • サービス一覧
  • お知らせ
  • 中央区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 中央区ニュース(一覧) > 食べて遊んで、楽しい餅つきで世代間交流

ここから本文です。

更新日:2017年1月31日

食べて遊んで、楽しい餅つきで世代間交流

もちつきともち料理交流会

平成29年1月29日-もちつきともち料理交流会

1月29日(日曜日)11時から中央小学校(札幌市中央区大通東6丁目)において「もちつきともち料理交流会」が開催され、近所の親子連れなど約150人が参加しました。

これは、餅つきを通して、子どもからお年寄りまで地域住民が集まり世代間交流を図るとともに、日本の伝統行事と食文化を次世代に伝えることを目的とした東地区の恒例行事で、東地区連合町内会、東地区青少年育成委員会、札幌市若者支援総合センターが、中央小学校の協力のもと開催したものです。

この日集まった子どもたちは、エプロンと三角巾を身に着け、石臼ときねを使った餅つきを順番に体験。スタッフからきねの持ち方を教わった後、周囲からの「よいしょ、よいしょ!」という掛け声とともに元気いっぱいに餅をつきました。

餅つきを終えた子どもたちは、スタッフや親と食べやすい大きさに餅を丸め、お雑煮やおしるこ、きな粉餅などにして試食。「すごく伸びるね」「おかわりしよう」などと会話を楽しみながら、つきたての餅を味わっていました。

食べ終わった後は、札幌市若者支援総合センターにより折り紙コーナー、ペットボトルを使ったボウリングコーナーが設けられ、子どもたちは楽しい冬の一日を笑顔で過ごしていました。

もちつきともち料理交流会

もちつきともち料理交流会

もちつきともち料理交流会

このページについてのお問い合わせ

札幌市中央区市民部総務企画課

〒060-8612 札幌市中央区南3条西11丁目

電話番号:011-205-3216

ファクス番号:011-231-6539