• ホーム
  • 折々の手続き
  • サービス一覧
  • お知らせ
  • 中央区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 中央区ニュース(一覧) > 中央区連合町内会連絡協議会が雪像制作隊を激励

ここから本文です。

更新日:2017年1月27日

中央区連合町内会連絡協議会が雪像制作隊を激励

中央区連合町内会連絡協議会による雪像制作隊の慰問

平成29年1月24日-中央区連合町内会連絡協議会による雪像制作隊の慰問

1月24日(火曜日)14時から、大通公園西7丁目において、中央区連合町内会連絡協議会(山本武雄(やまもと・たけお)会長)による雪像制作隊(陸上自衛隊北部方面通信群)の慰問が行われました。

細かい雪が降りしきる中、雪像制作に当たる制作隊に、山本会長から「見上げるほどの、とても素晴らしい大雪像が出来上がることを楽しみにしています。厳しい寒さの中での作業となりますが、けがや風邪のないよう気を付けてください」と激励の言葉があった後、カップ麺108個、缶コーヒー90本の慰問品が贈呈されました。

その後、自衛隊の担当者から「夜間の作業時には特にうれしい差し入れをありがとうございます。今後も、制作にいっそう励んでいきたいと思います」とお礼の言葉が述べられた後、今回のテーマである「凱旋門」の雪像制作について説明がありました。

今回の大雪像は、凱旋門を3分の1の大きさで再現したもので、装飾部分の複雑な彫刻も雪で表現しています。写真や模型などで制作過程の説明を受けた同協議会の役員からは、「15メートルもあるとは、とても大きい雪像なんですね」「繊細な作業も必要なのですね」といった感嘆の声が上がっていました。

中央区連合町内会連絡協議会による雪像制作隊の慰問

中央区連合町内会連絡協議会による雪像制作隊の慰問

このページについてのお問い合わせ

札幌市中央区市民部総務企画課

〒060-8612 札幌市中央区南3条西11丁目

電話番号:011-205-3216

ファクス番号:011-231-6539