• ホーム
  • 折々の手続き
  • サービス一覧
  • お知らせ
  • 中央区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 中央区ニュース(一覧) > 西地区で「新春子どもお楽しみ大会」大道芸で笑い初め

ここから本文です。

更新日:2017年1月11日

西地区で「新春子どもお楽しみ大会」大道芸で笑い初め

新春子どもお楽しみ大会

平成29年1月10日-新春子どもお楽しみ大会

1月10日(火曜日)10時から、西会館(札幌市中央区南6条西13丁目)において「新春子どもお楽しみ大会」が開かれ、大勢の子どもたちが今年の「初笑い」を楽しみました。

これは、西地区の子どもたちに昔ながらの大道芸などを楽しんでもらおうと毎年行われている正月恒例の行事です。西連合町内会(西田秀夫(にしだ・ひでお)会長)と西地区青少年育成委員会(本望瑛子(ほんもう・えいこ)会長)が主催し、近隣の保育園や小学校などから100人を超える子どもたちが集まりました。

この日は、笑団屋「真田組」の芸人たちが腹話術、ジャグリング、パントマイムやヨーヨーなど、さまざまな芸を披露しました。

初めに行われた腹話術では、人形と演者の愉快な掛け合いが子どもたちに大受け。人形が「朝は眠たくて起きられませーん」などと何か一言話すたびに、子どもたちはお腹を抱え、床を転げ回って大笑いしました。

続いて、ピエロに扮した2人組みが登場し、ジャグリングやパントマイム、バルーンアートなどを披露しました。子どもたちもピエロのパフォーマンスに協力し、帽子を使ったジャグリングや皿回しに挑戦。会場を一緒になって盛り上げました。

その後のヨーヨーパフォーマンスでも、出演した芸人が多彩な技を披露。子どもたちは「すごい」と驚きながら一つ一つの芸に大きな拍手を送りました。

最後は子どもたち全員でバルーンアートを体験。子どもたちはピエロに教わりながら、好みの色の風船でかわいい犬の人形を作りました。

初めて腹話術を見たという女の子は「お話が面白かったので、たくさん笑いました」と笑顔で話し、大満足の様子でした。

新春子どもお楽しみ大会

新春子どもお楽しみ大会

新春子どもお楽しみ大会

このページについてのお問い合わせ

札幌市中央区市民部総務企画課

〒060-8612 札幌市中央区南3条西11丁目

電話番号:011-205-3216

ファクス番号:011-231-6539