• ホーム
  • 折々の手続き
  • サービス一覧
  • お知らせ
  • 中央区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 中央区ニュース(一覧) > 心肺停止の男性を救命!中央消防署が消防協力者へ感謝状を贈呈

ここから本文です。

更新日:2016年12月20日

心肺停止の男性を救命!中央消防署が消防協力者へ感謝状を贈呈

消防協力者への感謝状贈呈

平成28年12月11日-消防協力者への感謝状贈呈

札幌市中央消防署(輪島俊光(わじま・としみつ)署長)は11日(日曜日)、心肺停止した男性に心臓マッサージを行い、人命救助に大きく貢献した消防協力者へ感謝状を贈呈しました。

これは、9月25日(日曜日)に区内体育館で開催されたフットサルの試合中、心肺停止となって倒れた男性に、AEDを持って駆け付けた施設職員と連携しながら、心臓マッサージ(胸骨圧迫)を実施。救急隊が到着するまでの間も救命活動を続け、その後の男性の社会復帰に大きく貢献したことに対し、贈呈されたものです。

感謝状が贈られたのは、この日同じ試合に参加していた東区在住の遠藤泰之(えんどう・やすゆき)さん。

輪島署長は「応急手当の大切さを知っていても、実際に目の前の倒れた方に心臓マッサージを行おうという勇気の一歩は、なかなか踏み出せないものです。市消防局では市民の方に対し、救急サポーター事業や普通救命講習を通じ、救急現場において救急車の到着までに行う応急手当の大切さとその方法について力を入れて周知していますが、今回の遠藤さんの行動が、皆さんの勇気ある一歩の呼び水となり、一人でも多くの尊い命が救われるきっかけとなることを願っております」とあいさつし、遠藤さんの勇気と行動力に感謝しました。

感謝状を受け取った遠藤さんは「倒れた男性の職場へ行き、直接お会いしてきました。元気になられてよかったです」と話していました。

消防協力者への感謝状贈呈

消防協力者への感謝状贈呈

このページについてのお問い合わせ

札幌市中央区市民部総務企画課

〒060-8612 札幌市中央区南3条西11丁目

電話番号:011-205-3216

ファクス番号:011-231-6539