• ホーム
  • 折々の手続き
  • サービス一覧
  • お知らせ
  • 中央区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 中央区ニュース(一覧) > クリスマス待ち遠しいね。子どもたちがツリーを飾り付け~曙まちづくりセンター

ここから本文です。

更新日:2016年12月1日

クリスマス待ち遠しいね。子どもたちがツリーを飾り付け~曙まちづくりセンター

あけぼの保育園の園児が曙まちづくりセンターのクリスマスツリーを飾り付け

平成28年11月30日-あけぼの保育園の園児が曙まちづくりセンターのクリスマスツリーを飾り付け

11月30日(水曜日)11時から、曙まちづくりセンター(札幌市中央区南11条西10丁目 満保修一(みちやす・しゅういち)所長)において、クリスマスを前に、あけぼの保育園(中央区南11条西10丁目)の園児が同センターに設置されたクリスマスツリーの飾り付けを行いました。

これは、同センターと保育園の交流活動の一環として行われたものです。

この日は4歳と5歳の年中児19人がセンターを訪れ、玄関では園児たちが「こんにちは」と元気にあいさつしました。

飾り付けの前には、満保所長が「まずは一緒に踊ろう」と園児たちに呼び掛け、子どもたちに今大人気の「エビカニクス」の歌とメロディーに合わせて、エビやカニのポーズを取るなど全員で楽しく踊りました。

その後、園児たちはオリジナルのスマイルカードをそれぞれ作ると、星や飾り玉、リボン、ベル、モールなどのきらびやかな飾りとともに、クリスマスツリーを飾り付けていきました。

ツリーがきれいに飾り付けられ、ライトが点灯されると、園児たちは「光ってる」「きれい」「この飾りは私が付けたの」などとうれしそうに見入り、一足早くクリスマス気分を味わいました。また、ツリーを囲んで、クリスマスソング「赤鼻のトナカイ」を元気よく歌い、「楽しかった」「みんなと一緒に頑張った」「サンタさんに早く会いたい」と感想を言い合っていました。

満保所長からはお礼の言葉とともに、サッポロスマイルバッジが贈られました。園児らもこれに笑顔で応え、短いながらも楽しいひとときを過ごしました。

このクリスマスツリーは、クリスマス当日までセンターの玄関に置かれ、来訪者を出迎える予定です。

あけぼの保育園の園児が曙まちづくりセンターのクリスマスツリーを飾り付け

あけぼの保育園の園児が曙まちづくりセンターのクリスマスツリーを飾り付け

あけぼの保育園の園児が曙まちづくりセンターのクリスマスツリーを飾り付け

このページについてのお問い合わせ

札幌市中央区市民部総務企画課

〒060-8612 札幌市中央区南3条西11丁目

電話番号:011-205-3216

ファクス番号:011-231-6539