• ホーム
  • 折々の手続き
  • サービス一覧
  • お知らせ
  • 中央区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 中央区ニュース(一覧) > 札幌中央区防火委員会による「火災多発抑制緊急対策会議」が開かれました

ここから本文です。

更新日:2016年12月12日

札幌中央区防火委員会による「火災多発抑制緊急対策会議」が開かれました

火災多発抑制緊急対策会議

平成28年11月25日-火災多発抑制緊急対策会議

11月25日(金曜日)14時から、札幌市消防局において「火災多発抑制緊急対策会議」が開かれました。

これは、中央区における火災の発生件数が、今年は11月24日現在で91件と前年同日に比べて18件も増えているためで、これ以上の火災を防ぐべく、区内各地区の連合町内会の理事らが会議に出席し、火災発生の抑制策について話し合いました。

会議では、札幌中央区防火委員会の山内会長と、相談役として出席した中央消防署の輪島署長がそれぞれあいさつ。山内会長からは「中央区では昨年に比べて火災の発生件数が増えている。これ以上の火災を防ぐためには、地域の実情に精通している防火委員の役割が重要になってくる。今後、住民の期待に十分に応えていかなければならない」と話がありました。

また、緊急対策として、これまでの火災発生状況と出火原因別発生状況(こんろ・放火・電気・たばこ・ストーブ)を捉え、原因別の発生事例と防火のポイントを示した「札幌中央区防火委員会緊急だより」を作成して全町内会へ回覧するとともに、地域への注意喚起と防火委員による巡回点検を実施し、地域において防火チェックを行うことが話し合われました。

火災多発抑制緊急対策会議

火災多発抑制緊急対策会議

このページについてのお問い合わせ

札幌市中央区市民部総務企画課

〒060-8612 札幌市中央区南3条西11丁目

電話番号:011-205-3216

ファクス番号:011-231-6539