• ホーム
  • 折々の手続き
  • サービス一覧
  • お知らせ
  • 中央区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 中央区ニュース(一覧) > 災害に対する認識を共有する~中央区まちづくり会議第1回地域防災部会

ここから本文です。

更新日:2016年11月2日

災害に対する認識を共有する~中央区まちづくり会議第1回地域防災部会

平成28年度中央区まちづくり会議第1回地域防災部会

平成28年10月31日-平成28年度中央区まちづくり会議第1回地域防災部会

10月31日(月曜日)13時30分から、札幌プリンスホテル国際館パミール(中央区南3条西12丁目)において「平成28年度中央区まちづくり会議第1回地域防災部会」が開催され、各連合町内会役員のほか、学校関係者および中央区役所職員など約60人が参加しました。

この会議は、まちづくりの中核を担っている連合町内会を中心に、中央区内で活動する各団体や行政機関が一体となって情報共有や意見交換を行い、区政運営に反映させていく場として平成22年度から開催している「中央区まちづくり会議」を構成する2つの部会のうち、「地域防災」をテーマに開催するものです。

この日はまず、7~9月にかけて相次いで発生し北海道に甚大な災害をもたらした大雨・台風災害について、その被害状況や、避難勧告の経緯、避難所開設など中央区の対応について報告されました。

続いて、中央区で毎年実施している防災訓練について、今年の結果報告と来年の予定について説明がありました。

その後、「熊本地震災害派遣活動について」「避難所運営体制づくりの取り組み」について報告がありました。ここでは、熊本地震における建築物の被害の事例や避難所での状況が写真とともに紹介され、「昭和56年以前に建てられた建物に多く被害がでた」「避難所では行政機関などからのお知らせが次々と掲示板に掲載され、情報があふれかえった。必要な人に必要な情報が伝わるように、工夫して情報を整理する必要がある」との言葉に参加者は大きくうなずいていました。

最後に行われた意見交換では、参加者より「マニュアル通りにうまくいくのかが心配。混乱することなく避難所運営をスムーズに行うことができるのだろうか」といった声などが上がり、それに対して「あらかじめ学校、地域、行政が一緒になって実際の施設に合ったマニュアルを作ることで少しでも混乱を防ぐことができます。最初からマニュアル通りに物事がうまく進んでいくとは限りませんが、一定のルールを地域の方が中心となってみんなで作っていくことが大事だと思います。ご協力よろしくお願いします」と区職員が応えるなど、行政と地域との間で災害に対する情報・認識を共有する貴重な場となっていました。

平成28年度中央区まちづくり会議第1回地域防災部会

平成28年度中央区まちづくり会議第1回地域防災部会

平成28年度中央区まちづくり会議第1回地域防災部会

このページについてのお問い合わせ

札幌市中央区市民部総務企画課

〒060-8612 札幌市中央区南3条西11丁目

電話番号:011-205-3216

ファクス番号:011-231-6539