• ホーム
  • 折々の手続き
  • サービス一覧
  • お知らせ
  • 中央区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 中央区ニュース(一覧) > 健康、見つめ直すきっかけに。中央区でフェスタ開催

ここから本文です。

更新日:2016年10月12日

健康、見つめ直すきっかけに。中央区でフェスタ開催

けんこうフェスタ2016inちゅうおう

平成28年10月8日-けんこうフェスタ2016inちゅうおう

10月8日(土曜日)10時から、札幌市中央区民センター(中央区南2条西10丁目)において、健康に関わるさまざまな体験ができる催し「けんこうフェスタ2016inちゅうおう」が行われ、多くの区民が来場しました。

これは、健康づくりや子育て支援、介護予防などについて関心を高めてもらうとともに、住み慣れた地域において健康で安心した生活が送れるよう、地域における医療や福祉の事情について理解を深めてもらうのが狙いです。中央区の他、医師会や薬剤師会、地域包括支援センターといった医療・福祉関連団体、健康づくり元気会や食生活改善推進員協議会といった地域のボランティア団体など17団体で構成される実行委員会が主催しました。

この日は、区民センターの1階と2階に「健康」「食」「子育て・生活衛生」「癒し」「介護予防・地域福祉」のテーマごとに体験コーナーやパネル展などが設けられ、来場者は思い思いに各コーナーへ足を運びました。また、屋外イベントとして大通公園を歩く「ファミリーウオーキング」が行われ、参加者は秋の涼やかな空気の中、気持ちの良い汗を流しました。

「健康」のコーナーでは、血圧、骨密度、血管年齢や体組成などのヘルスチェック、医師・歯科医師・薬剤師による健康相談が行われ、高齢者などが長い列を作った他、親子ビクスなどのフィットネス体験では、母親らが子どもと一緒に楽しく体を動かしました。

「食」のコーナーでは、減塩レシピなどの紹介や野菜の計量、中央区発祥ともいわれている甘納豆赤飯の試食といった食生活改善展が行われ、併せて実施された札幌市食育特別大使Qoo(クー)とのクイズ大会には多くの子どもが参加しました。

「子育て・生活衛生」のコーナーでは、市オリジナルの「しろくま忍者の手洗いソング」に合わせた体操や、ボランティアによる絵本の読み聞かせが行われ、多くの親子連れが楽しみました。

そして人気だったのが「癒し」のコーナー。はりやマッサージなどを無料で体験できるとあって多くの人が訪れ、専門家の技術にとても満足した様子でした。

この他、「介護予防・地域福祉」のコーナーでは、はしご状の枠組みの上を、足と腕を動かしながら前後に移動するラダーウオーキングや、ゴムバンドを用いたセラバンド体操などが行われ、多くの来場者でにぎわいました。

70代の女性は「自分の健康について見直す良い機会になった」と話していました。区の担当者は「今後もさまざまな取り組みを行い、区民の健康維持に貢献していきたい」と話しています。

けんこうフェスタ2016inちゅうおう

けんこうフェスタ2016inちゅうおう

けんこうフェスタ2016inちゅうおう

このページについてのお問い合わせ

札幌市中央区市民部総務企画課

〒060-8612 札幌市中央区南3条西11丁目

電話番号:011-205-3216

ファクス番号:011-231-6539