• ホーム
  • 折々の手続き
  • サービス一覧
  • お知らせ
  • 中央区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 中央区ニュース(一覧) > 区内の老人クラブがお楽しみ!ステージで歌と踊りを披露

ここから本文です。

更新日:2016年9月7日

区内の老人クラブがお楽しみ!ステージで歌と踊りを披露

中央区老連おたのしみ大会

平成28年9月5日-中央区老連おたのしみ大会

9月5日(月曜日)13時15分から、札幌市社会福祉総合センター(札幌市中央区大通西19丁目)において、中央区老人クラブ連合会(花田吉治(はなだ・よしはる)会長)の主催による「第42回中央区老連おたのしみ大会」が開催され、区内のお年寄りなど269人が参加しました。

これは、高齢者の生きがいを創出するとともに、仲間と触れ合い、明るく楽しい時間を過ごしてもらおうと毎年開催されているもので、この日は各地区の老人クラブで練習を重ねた歌や踊りなどが披露されました。

開会に先立ち、花田会長から「日頃から老人クラブで活動し、地域づくりを担っている皆さんには大変感謝しています。今日は会員同士の親睦・交流を深めながら、楽しく過ごしてください」と、木内二朗(きうち・じろう)中央区長からは「今日は練習の成果を発揮し、発表の喜びや達成感をぜひ味わってください。この活動が皆さんの明日への活力となることを願っています」とそれぞれあいさつがありました。

続いて、各老人クラブへの記念品の贈呈の他、健康や生きがいづくり、会員同士の親睦など老人クラブの活動において長年貢献した人への表彰式も行われ、その後演目がスタート。

この日は、11クラブ179人がスーツや着物など晴れやかな衣装に身を包み、歌や民謡、歌謡舞踊、フラダンスなどを披露しました。お目当ての出演者が舞台に上がると、会場からは「待ってました!」「素敵よ~」といった声援が多く聞かれました。また、ステージ上で音楽に合わせた美しい歌声や舞が披露されると、その好演ぶりに会場からは大きな拍手が沸き起こりました。最後には、米が当たる「ラッキー抽選会」も行われるなど、敬老の日を前に、年に一度の催しを参加者全員で満喫しました。

中央区老連おたのしみ大会

中央区老連おたのしみ大会

中央区老連おたのしみ大会

このページについてのお問い合わせ

札幌市中央区市民部総務企画課

〒060-8612 札幌市中央区南3条西11丁目

電話番号:011-205-3216

ファクス番号:011-231-6539