• ホーム
  • 折々の手続き
  • サービス一覧
  • お知らせ
  • 中央区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 中央区ニュース(一覧) > 山鼻住民が交通安全や防火、防犯などについて考える

ここから本文です。

更新日:2016年7月5日

山鼻住民が交通安全や防火、防犯などについて考える

平成28年度山鼻地区交通安全・防火・防犯・清掃の集い

平成28年7月2日-平成28年度山鼻地区交通安全・防火・防犯・清掃の集い

7月2日(土曜日)10時から、中央区ゲートボール場(札幌市中央区南23条西10丁目)において、「平成28年度山鼻地区交通安全・防火・防犯・清掃の集い」が行われ、地域住民や関係者など約500人が参加しました。

この集いは、山鼻地区において安全・安心で清潔なまちづくりを推進するために、山鼻町内会連合会(阿部貞夫(あべ・さだお)会長)が中心となって実行委員会を設置し、山鼻地区の関係諸団体のほか南警察署、中央消防署、中央清掃事務所、中央区交通安全運動推進委員会、中央区などの協力により毎年実施されているものです。

開会式では、大会長を務める阿部会長より「ここ山鼻地区が交通事故や火災、犯罪のない、安全で安心して暮らせるまちになるよう、これからも啓発活動を続けていきたいと考えていますので、ご協力をお願いします」とあいさつがあり、来賓として出席した木内二朗(きうち・じろう)中央区長、村田忠孝(むらた・ただたか)南警察署交通官、千葉正志(ちば・まさし)中央消防署予防担当部長からもそれぞれあいさつと交通安全・防火・防犯への注意喚起がありました。

続いて、山鼻少年消防クラブによる規律訓練が披露され、クラブを代表して本間未祐(ほんま・みゆ)さんと黒崎勇太(くろさき・ゆうた)君が「私たちは、火遊びは絶対にしません。花火は子どもだけではしません」、「大人の人にお願いです。寝たばこやたばこの投げ捨ては絶対にしないでください。火を使って料理をしているときはその場を離れないでください」と、防火に関する誓いと大人へのお願いの言葉を大きな声で述べました。

会場には、消防車両が登場しました。この日はあいにくの雨に見舞われましたが、はしご車に体験搭乗した子どもたちは雨模様を吹き飛ばすくらいの元気な笑顔を見せていました。この他、消火体験や煙道通過体験などの消防コーナーや、シートベルトや夜間反射材の効果体験ができる交通安全コーナー、珍しい半透明の清掃車両「GO!ミエール号」の展示やペットボトルをリサイクルして作られたボウリングができる清掃啓発コーナーが設けられ、参加者はさまざまな体験を通じて防火や交通安全などへの意識を高めていました。

平成28年度山鼻地区交通安全・防火・防犯・清掃の集い

平成28年度山鼻地区交通安全・防火・防犯・清掃の集い

平成28年度山鼻地区交通安全・防火・防犯・清掃の集い

このページについてのお問い合わせ

札幌市中央区市民部総務企画課

〒060-8612 札幌市中央区南3条西11丁目

電話番号:011-205-3216

ファクス番号:011-231-6539