• ホーム
  • 折々の手続き
  • サービス一覧
  • お知らせ
  • 中央区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 中央区ニュース(一覧) > 少年野球児たちが勝利を目指し全力プレー~中央区長旗争奪少年軟式野球大会が開幕

ここから本文です。

更新日:2016年6月21日

少年野球児たちが勝利を目指し全力プレー~中央区長旗争奪少年軟式野球大会が開幕

中央区長旗争奪少年軟式野球大会が開幕

平成28年6月18日-「中央区長旗争奪少年軟式野球大会が開幕」

6月18日(土曜日)9時30分から、JRA球場(札幌市中央区北22条西15丁目)において、第27回中央区長旗争奪少年軟式野球大会が開幕しました。

この大会は、少年野球を通じて、スポーツを楽しみ、互いの友情を深め、ルールとマナーを学ぶことにより、青少年の健全な育成を目指して開催されているものです。本大会は第39回少年軟式野球札幌選手権大会中央区予選も兼ねており、中央区少年軟式野球連盟(八田望(はった・のぞむ)会長)の主催のもと、14チーム約340人の選手が参加します。

少し肌寒い天候となったこの日、開会式では、前年度優勝チームの緑丘ホーマーズから優勝旗が返還されました。続いて、大会を後援する中央区役所の木内二朗(きうち・じろう)区長から「日ごろの練習の成果を存分に発揮し、優勝を目指して精一杯頑張ってください」と選手に対して激励がありました。その後、円山スターズ主将の吉田恭(よしだ・きょう)君が「僕たちを支えてくださっている監督やコーチ、家族、地域の皆さんへの感謝の気持ちを忘れず、チームメートとともに優勝を目指して全力でプレーします」と元気よく選手宣誓を行うと、選手たちも引き締まった表情で勝利への意欲を新たにしているようでした。

大会初日であるこの日、同球場では1回戦6試合のうち3試合が行われました。選手たちは、ユニホームが土で汚れることなど気にもせず、元気よくプレーをし、ベンチにいるチームメートや観戦に訪れていた保護者からは絶えず熱い声援が送られました。

大会は6月19日(日曜日)、25日(土曜日)の計3日間にわたり、優勝旗と中央区代表の座を目指して各チームの熱戦が繰り広げられます。

中央区長旗争奪少年軟式野球大会が開幕

中央区長旗争奪少年軟式野球大会が開幕

中央区長旗争奪少年軟式野球大会が開幕

このページについてのお問い合わせ

札幌市中央区市民部総務企画課

〒060-8612 札幌市中央区南3条西11丁目

電話番号:011-205-3216

ファクス番号:011-231-6539