• ホーム
  • 折々の手続き
  • サービス一覧
  • お知らせ
  • 中央区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 中央区ニュース(一覧) > 将来は地域の防災リーダーに~山鼻少年消防クラブ入団式

ここから本文です。

更新日:2016年5月24日

将来は地域の防災リーダーに~山鼻少年消防クラブ入団式

山鼻少年消防クラブ入団式

平成28年5月21日-「山鼻少年消防クラブ入団式」

5月21日(土曜日)11時から、中央消防署山鼻出張所(札幌市中央区南23条西10丁目)において、山鼻少年消防クラブ(能戸三利(のと・みつとし)部長)主催の「山鼻少年消防クラブ平成28年度入団式」が行われ、クラブ員や指導者、家族など約40人(うち新クラブ員11人)が出席しました。

これは、少年消防クラブの入団式を通じ、クラブ員としての自覚を高め、在クラブ員との親睦を図ることを目的として開催されたものです。

少年消防クラブは、BFC(Boys and Girls Fire Club)とも呼ばれ、防災に関心のある小学生で構成され、火災はどのようにして起きるのかを学びながら、野外研修や防火パトロール、ボランティア活動など、地域に密着したさまざまな活動を行っており、そのうち山鼻少年消防クラブは中央区山鼻地区において活動しています。

この日は、能戸部長から歓迎のあいさつ、山鼻町内会連合会の阿部貞夫(あべ・さだお)会長のお祝いの言葉の後、制帽の授与が行われました。「BFC」と刺しゅうされた真新しい制帽を能戸部長から受け取った新クラブ員たちは、誇らしげな表情を見せていました。

また、在クラブ員を代表してリーダーの本間未祐(ほんま・みゆ)さんが「火事の予防について大切なことを学び、地域の皆さんがこれからも安心して生活できるよう一緒に訓練を頑張りましょう」と歓迎の言葉を送ると、新クラブ員の角田陸(つのだ・りく)くんが「防火活動などいろいろなことを学んで、教わったことをしっかりと身に付けていきたいです」と誓いの言葉で応えていました。

閉式後、山鼻出張所の消防隊員から消防車両や空気呼吸器に関する説明があり、クラブ員たちは興味深い様子で職員の話に聞き入っていました。

中央区では、この日開催された山鼻地区の他、苗穂・桑園・幌西・円山の5つのクラブが活動しており、区内全体でのクラブ員は現在95人となっています。クラブ員はこれから研修や防災訓練への参加、地域住民への街頭啓発などさまざまな活動に取り組む予定です。

山鼻少年消防クラブ入団式

山鼻少年消防クラブ入団式

山鼻少年消防クラブ入団式

このページについてのお問い合わせ

札幌市中央区市民部総務企画課

〒060-8612 札幌市中央区南3条西11丁目

電話番号:011-205-3216

ファクス番号:011-231-6539