• ホーム
  • 折々の手続き
  • サービス一覧
  • お知らせ
  • 中央区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 中央区ニュース(一覧) > ラジオ体操で健康づくり

ここから本文です。

更新日:2016年3月25日

ラジオ体操で健康づくり

中央区健康づくり交流会

平成28年3月18日-中央区健康づくり交流会

3月18日(金曜日)10時から、中央区民センター(札幌市中央区南2条西10丁目)2階区民ホールにおいて「中央区健康づくり交流会」が開催され、区民約100人が参加しました。

これは、健康づくりに関する普及、啓発を行うとともに、実践に向けた支援を行うことを目的として、中央区健康づくり元気会(越後宰(えちご・つかさ)会長)と中央区保健福祉部健康・子ども課の共催で行われたもので、今回が11回目となります。

この日は、越後会長および小島仁(おじま・ひとし)中央区保健福祉部長から、それぞれあいさつがあった後、「いつでも・どこでも・だれでも ラジオ体操で健康づくり♪」と題し、札幌地区ラジオ体操連盟の、伊邊正敏(いべ・まさとし)氏による講話と実技が行われました。

講話では、「ラジオ体操の発祥の地はアメリカで、健康増進を図る目的でメトロポリタン生命保険会社によって考案されたもの」といったラジオ体操のルーツの話や、「ラジオ体操は継続することによって、筋力がアップし、また、姿勢も改善され、腰痛や肩こりなどが軽減されていきます」などラジオ体操の体にもたらす効能についての話に、参加者は熱心に耳を傾けていました。

実技では参加者は、1から13あるプログラム一つ一つの動きのポイントを講師から教わったあと早速実践。軽快な曲のリズムにあわせて、腕や脚を曲げ伸ばしするなど、体全体の筋肉や関節をバランスよく動かすことを意識しながら、気持ちよさそうに体を動かしました。

中央区健康づくり交流会

中央区健康づくり交流会

このページについてのお問い合わせ

札幌市中央区市民部総務企画課

〒060-8612 札幌市中央区南3条西11丁目

電話番号:011-205-3216

ファクス番号:011-231-6539