• ホーム
  • 折々の手続き
  • サービス一覧
  • お知らせ
  • 中央区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 中央区ニュース(一覧) > 平成27年度の冬期歩行者転倒事故対策事業・ウインタースポーツフェスタin(イン)大倉山のポスターデザインが決定しました。

ここから本文です。

更新日:2015年12月3日

平成27年度の冬期歩行者転倒事故対策事業・ウインタースポーツフェスタin(イン)大倉山のポスターデザインが決定しました。

冬期歩行者転倒事故対策事業ポスター最優秀作品

ウインタースポーツフェスタイン大倉山のポスター選考会の様子冬期歩行者転倒事故対策事業及びウインタースポーツフェスタin(イン)大倉山のポスター・チラシデザイン選考会が、それぞれ10月15日(木曜日)中央区土木センター会議室(中央区北12条西23丁目2-5)、11月24日(火曜日)区役所2階2-B会議室(中央区南2条西11丁目)において開催され、最優秀賞(1点)と優秀賞(2点)を決定しました。

これらは、若者が市政に関わることを通じて区役所を身近に感じ、区のまちづくりに関心を持ってもらうことを目的として平成19年度から行っている「専門学校生によるポスター等のデザイン提案事業」の一環として実施したもので、今年度は区内のデザイン系専門学校2校が参加しました。

「冬期歩行者転倒事故対策事業」は、冬の間、凍結した「ツルツル路面」に区内の各地域に設置された砂箱の砂をまくことで歩行者の転倒事故を防ぐ効果があることや、市民に対して砂まきへの協力を呼び掛けることを目的として、ポスター・チラシのデザイン募集を行っており、今年度は4作品の応募がありました。

選考者は、製作した学生のコメントなども参考に意見を出し合い、最優秀賞には専門学校札幌デザイナー学院の西本未祐(にしもと・みゆう)さんの作品、優秀賞には同校の金輪汐里(かなわ・しおり)さんの作品と札幌放送芸術専門学校の佐藤弥生(さとう・やよい)さんの作品が選ばれました。

「ウインタースポーツフェスタin(イン)大倉山」は、毎年2月に大倉山ジャンプ競技場を舞台に開催される冬のスポーツイベントで、そのイベントをPRするため、ポスターのデザイン募集を行っており、今年度は7作品の応募がありました。

選考者は、学生のプレゼンテーションを聞き、デザインの構想などの質問を経て、最優秀賞には専門学校札幌デザイナー学院の柏谷克晴(かしわや・かつはる)さんの作品、優秀賞には札幌放送芸術専門学校の小浦方萌花(こうらかた・もか)さんの作品と同校の杉山笑梨(すぎやま・えみり)さんの作品が選ばれました。

最優秀賞に選ばれた、それぞれのポスターは12~1月ごろから中央区役所や中央保健センター、区内施設などで掲示される予定です。

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市中央区市民部総務企画課

〒060-8612 札幌市中央区南3条西11丁目

電話番号:011-205-3216

ファクス番号:011-231-6539