• ホーム
  • 折々の手続き
  • サービス一覧
  • お知らせ
  • 中央区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ここから本文です。

更新日:2013年8月9日

カンピロバクター

カンピロバクター

動物の腸管内に生息します。そのため、食肉がこの菌で汚染されていることが多いのです。また、糞便を介して畑の野菜や水が汚染されることもあります。

主な原因食品

  • 鶏肉、牛肉、豚肉、羊肉などの食肉の生食又は加熱不十分の食肉
  • 洗浄不十分の生野菜や浅漬けなどの非加熱の食品
  • 消毒不十分の地下水、沢水など

主な症状

2~7日後に下痢(水溶性、まれに血便)、発熱、腹痛

予防のポイント

食肉は中心部を75℃、1分以上加熱する。生や加熱不十分な肉は食べない。

生肉を扱った調理器具は十分に洗浄し、熱湯や次亜塩素酸ナトリウムなどで消毒をする。

焼肉をするときは、生肉を取る箸と食べる箸を使い分ける。

生野菜を使用するときは、流水でしっかり洗う。場合によっては消毒をする。


このページについてのお問い合わせ

札幌市中央区保健福祉部健康・子ども課

〒060-0063 札幌市中央区南3条西11丁目

電話番号:011-511-7227

ファクス番号:011-511-8499