• ホーム
  • 手続き・暮らしの情報
  • 区によくある質問
  • 行事予定
  • 施設案内

ホーム > まちづくり > 各地区の紹介

ここから本文です。

更新日:2015年4月27日

各地区の紹介

副都心地区

 JR新札幌駅の周辺は、昭和50年から副都心計画に基づいて開発された街です。サンピアザなどの商業ビルや札幌市青少年科学館、サンピアザ水族館などの文化施設が集中しており、厚別区だけでなく江別市、北広島市も含めた札幌市東部の拠点となっています。

厚別中央地区

 明治16年に長野県出身の河西由造らが入植して開墾したJR厚別駅を中心とする旭町と、明治18年に筑前出身の石松弥七が入植した下野幌を合わせ持つ地区で、区内でも早い時期に開拓されたことから、信濃神社などの歴史的遺産が残されています。

厚別南地区

 明治18年に最初の入植があり、大木を伐採して炭焼きで生計を立てたのが開拓の始まりです。明治の中頃になると街道の休憩地として栄え、商店街も形成されました。また、大正期から戦前までは、上野幌を中心に一大酪農地帯として広く知られました。

厚別西地区

 JR函館本線の北側全域をその区域として持ち、厚別西、山本、厚別北の3つの地区から構成されています。各地区の発展過程はそれぞれ異なりますが、いずれも明治時代に入植があり、昭和30年代までは水田を中心とした営農地帯でした。

もみじ台地区

 かつては水田や酪農を中心とした農村地帯でしたが、昭和42年から56年にかけて札幌市が開発した、市内最大の住宅団地です。昭和46年に入居が開始され、既に30年が経過しています。世帯数の約65%を市営住宅の入居者が占めています。

青葉地区

 昭和37年から43年にかけて札幌市が造成した住宅地域で、市営住宅と個人住宅を中心とした地域です。老朽化し居住環境が近年の水準に適合しなくなった市営住宅は、平成12年から25年を事業年度として、建て替えを実施しています。

厚別東地区

 かつては小野幌と呼ばれていた地域で、平成8年5月に厚別中央地区から分離して誕生しました。水田を中心にした純農村地帯でしたが、昭和40年代以降の宅地開発や地下鉄東西線の延長によって、振興住宅地として飛躍的に発展し、現在に至っています。

野幌森林公園