• ホーム
  • 手続き・暮らしの情報
  • 区によくある質問
  • 行事予定
  • 施設案内

ホーム > 区内の公共施設 > 厚別東まちづくりセンター > 小野幌老人クラブ「創立50周年記念式典・祝賀会」を盛大に開催

ここから本文です。

更新日:2019年3月11日

小野幌老人クラブ「創立50周年記念式典・祝賀会」を盛大に開催

会員並びに来賓の方々を前に「会長式辞」

会員並びに来賓の方々を前に「会長式辞」

3月7日(木曜日)午前11時から、小野幌会館で、小野幌老人クラブの「創立50周年記念式典・祝賀会」が開催されました。

小野幌老人クラブは、明治の開拓期から、連綿と厚別東地区の歴史を築いてきた、小野幌地区にお住いの方々により構成される老人クラブとして、昭和44年3月7日に現厚別区の区域では3番目の老人クラブとして発足しました。

この日は、創立50周年を迎えるにあたり、会員60名に加え、厚別区役所、札幌方面厚別警察署、厚別区老人クラブ連合会、厚別東町内会連合会をはじめ各団体等から来賓16名を招き、記念式典・祝賀会を執り行いました。

記念式典では、最初に、「会員の信条」及び「札幌市民憲章」を朗読したのち、会長式辞、来賓3名からの祝辞、記念事業として札幌市厚別区社会福祉協議会への金一封贈呈、元・前会長及び永年会員への感謝状贈呈と厳かに進められました。

祝賀会では、くす玉わりに続き、この日に向け練習を続けてきた会員の皆さんによる舞踊、マジック、相撲甚句などが繰り広げられたほか、フィオーレ合奏団9名による弦楽合奏もあり、華やかな宴となりました。最後に、初代会長の孫娘さんのご主人が設立当時からの歴史に触れつつ挨拶し、手締めで今日の祝いを締めくくりました。

なお、「小野幌老人クラブ」は、会員の一層獲得と会の発展を願い、4月1日を期して「小野幌クラブ」に改称することとされ、新たな歴史を刻んでいきます。

記念事業として札幌市厚別区社会福祉協議会へ金一封を贈呈

記念事業として札幌市厚別区社会福祉協議会へ金一封を贈呈

会員による舞踊「さくら音頭」

会員による舞踊「さくら音頭」

このページについてのお問い合わせ

札幌市厚別区市民部厚別東まちづくりセンター

〒004-0004 札幌市厚別区厚別東4条4丁目9-3

電話番号:011-897-2885