• ホーム
  • 手続き・暮らしの情報
  • 区によくある質問
  • 行事予定
  • 施設案内

ホーム > 区内の公共施設 > まちづくりセンター > 厚別東まちづくりセンター > 福まち「鍋サロン」 体操の後はしっかり工夫したおいしい食事~楽しい交流のひととき

ここから本文です。

更新日:2017年11月24日

福まち「鍋サロン」 体操の後はしっかり工夫したおいしい食事~楽しい交流のひととき

鍋と炊き込みご飯を味わいながら歓談される参加者の皆さん

鍋と炊き込みご飯を味わいながら歓談する参加者の皆さん

11月21日(火曜日)午前10時から小野幌会館で、約50名が参加し、厚別東地区福祉のまち推進センター主催による今回が3回目になる「鍋サロン」が開催されました。体操、食生活に関する講話、鍋つくり、出来上がったお鍋と炊き込みご飯をいただきながらの交流と盛りだくさんの内容でした。

最初に、福祉のまち推進センター運営委員長から、「『助けて』と言える環境を作りましょう。人間が生きていくには人との関わりが欠かせません。『助けて』は人との関わりを育む一言になります。」との心に沁みるお話がありました。

続いて、厚別区保健福祉課、厚別区介護予防センター厚別西東、厚別区第1地域包括センターの職員から、嚥下機能を保つための「ぱたから体操」や条件反射能力を高めるための脳トレ(数字と色で指示される姿勢を素早く取ります。)などの紹介があり、会場全員で取り組みました。

ここで、食事ではありません。食生活改善推進委員の方から、減塩の必要性について講話があり、減塩味噌汁と通常の味噌汁の飲み比べをし、どれだけ違いがあるのか、減塩のためにはどの様な工夫をするとよいのかお聞きしました。

そうこうするうちに、食生活改善推進委員の皆さんのご協力により、出汁の効いた鍋が各テーブルに運ばれ、手際よく野菜を入れて煮込みます。出来上がった鍋を取り分け、一緒に用意された炊き込みご飯とともに、少ない塩分でもおいしくいただける食事の例をしっかり味わい確認し、各テーブルとも食生活や体調管理についての話題で盛り上がり、すっかり満腹になって皆さん、満足げにお帰りになりました。

◎今日の料理~鶏肉の白河鍋、なめ茸の炊き込みしょうが風味、漬物、みかん

脳トレ~皆さんそろっていますか?

脳トレ~皆さんそろっていますか?

食生活改善推進委員工夫の今日の料理

食生活改善推進委員工夫の今日の料理

このページについてのお問い合わせ

札幌市厚別区市民部厚別東まちづくりセンター

〒004-0004 札幌市厚別区厚別東4条4丁目9-3

電話番号:011-897-2885