• ホーム
  • 手続き・暮らしの情報
  • 区によくある質問
  • 行事予定
  • 施設案内

ホーム > 区内の公共施設 > まちづくりセンター > 厚別東まちづくりセンター > 「困ったときは、お互いさま」と言える厚別東を目指して~福祉推進委員会合同研修会~

ここから本文です。

更新日:2015年2月27日

「困ったときは、お互いさま」と言える厚別東を目指して~福祉推進委員会合同研修会~

20150226合同研修会4

2月26日(木曜日)に小野幌会館で、第2回目の厚別東地区福祉推進委員会合同研修会が開催されました。この研修会は、各町内会の福祉推進委員を対象として平成26年度の活動の活性化を図る目的で開催され、福祉のまち推進センター委員と民生・児童委員も含め、約50名の参加がありました。


今回は手稲区富丘西宮の沢地区にあるオリンピアニュータウン町内会の千葉信夫会長を講師としてお招きし、同町内会の12年間に及ぶ『見守り・訪問活動の取り組みについて』についてお話をしていただきました。
千葉会長は、「最初は、アンケートや外からの見守りでしたが、徐々に訪問までできるようになりました。初めての訪問世帯は門前払いをされることが多いですが、ちょっとした気遣いで信頼関係が生まれ、ご理解をいただけるようになりました。」とお話しされ、粘り強く活動を続ける様子に参加した福祉推進委員や町内会役員の皆さんも感心していました。


その後、各町内会長から町内の見守り活動やその他の福祉支援活動について、報告がありました。
もしかして、「絶滅言葉」になってしまった感のあった「困ったときは、お互いさま」の言葉。自分も決して楽ではないが、困った人が近くにいたら放っておけない。そんな人が昔はよくいたなぁと思っていました。
千葉会長のお話しを伺って、絶滅していなかったと、ふと思いました。(所長)

20150226合同研修会2

オリンピアニュータウン町内会の千葉信夫会長

サブ2

各会長から活動状況を報告

このページについてのお問い合わせ

札幌市厚別区市民部厚別東まちづくりセンター

〒004-0004 札幌市厚別区厚別東4条4丁目9-3

電話番号:011-897-2885