• ホーム
  • 手続き・暮らしの情報
  • 区によくある質問
  • 行事予定
  • 施設案内

ホーム > 区内の公共施設 > まちづくりセンター > 厚別東まちづくりセンター > 「飛鳥」が勝つか「トマト」が勝つか~鍋サロン~

ここから本文です。

更新日:2015年2月19日

「飛鳥」が勝つか「トマト」が勝つか~鍋サロン~

鍋サロン1

食生活改善推進員協議会代表の高田さんからご指導いただいてます

2月19日(木曜日)に、小野幌会館にて福祉のまち推進センター主催の「鍋サロン」が開催されました。この料理研究会は、福祉・健康普及啓発事業の一つとして今年初の試みです。
今回は「鍋サロン」と題し、参加された皆さん自身で「飛鳥鍋」と「トマト鍋」の試作に挑戦しました。
鍋の試作では、分量通りに調味料を計測する人や具材を入れる人などに分かれて、皆さんで協力し合いながら鍋を作り、試食では、「飛鳥鍋」と「トマト鍋」の食べ比べを行いながら、おしゃべりに花を咲かせました。最後には、リンゴくず餅のデザートを食べて、健康にまつわる「食育カルタ」大会を行い会場内は終始盛り上がった中で予定通りに終了しました。

今回の試作とレシピの作成にあたっては、厚別東地区食生活改善推進員協議会の皆さまのご協力を頂いております。
※「飛鳥鍋」とは飛鳥時代に今の中国から来た僧侶が、鍋に山羊の乳を入れて食べたのが始まりとされています。

来月は3月19日(木曜日)にふれあいサロンを行います。今回は定山渓温泉の渓流荘に行く予定です。皆さまのご参加をお待ちしております。

鍋サロン2

参加者からは「おしいです♪」の声が多数!!

鍋サロン4

食育カルタ大会も盛り上がりました

このページについてのお問い合わせ

札幌市厚別区市民部厚別東まちづくりセンター

〒004-0004 札幌市厚別区厚別東4条4丁目9-3

電話番号:011-897-2885