• ホーム
  • 手続き・暮らしの情報
  • 区によくある質問
  • 行事予定
  • 施設案内

ホーム > 区内の公共施設 > まちづくりセンター > 厚別東まちづくりセンター > 町内会のみなさんと厚中の子どもたちがDIG(ディグ)研修に参加しました。

ここから本文です。

更新日:2014年11月4日

町内会のみなさんと厚中の子どもたちがDIG(ディグ)研修に参加しました。

メイン

中川町連会長の挨拶で開会

平成26年10月31日(金曜日)の午後、厚別東地区防災・福祉ネットワーク協議会の主催で大雨等の災害時を想定した図上訓練が実施されました。

英語の頭文字をとってDIG(Disaster=災害、Imagination=想像力、Game=ゲーム)と名付けられたこの研修は、町内で地震や風水害などの災害が起きた場合を想定し、参加者全員で対応を考えて、大きな地図に書き込みを加えながら、「ワイワイ、ガヤガヤ」とゲームのように地図上で行う防災訓練です。

この日、会場となった厚別中学校に集まったのは、授業を終えたばかりの1・2年の子どもたち18名とPTA環境委員のお母さん、そして厚別東地区の各町内会のみなさんを合わせた約40名の方々です。

講師は厚別消防署もみじ台出張所の五十嵐係長にお願いをするとともに関係署員、消防団の方々にもサポートをお願いしました。
最初に、9月の豪雨を想定して、「土砂降りの雨が中々止まないとき、まず何をしますか。」との質問が出され、皆さんが「テレビで情報を確認する。」、「家族の安否を確かめる。」などの発表を行って研修が始まりました。次に、グループ全員で、自宅の位置や河川、主要道路、病院、避難場所、コンビニなどの場所を図面に書いて確認をするといった作業を体験しました。

主催者の大戸防災・福祉ネットワーク協議会会長は、「町内会のDIG研修は、通算6回目ですが、厚別中学校との共同開催は、今年で4年目となり、しっかりと厚別東地区に定着してきたと思います。今後とも、災害はいつやってくるか、わからないのではなく、必ずいつかやってくるといった心構えで、引き続きDIG研修を実施していきたい。」と話されていました。

サブ1

付箋に思ったことを書き込んでいます。

サブ2

主要道路はどれかな。

このページについてのお問い合わせ

札幌市厚別区市民部厚別東まちづくりセンター

〒004-0004 札幌市厚別区厚別東4条4丁目9-3

電話番号:011-897-2885