• ホーム
  • 手続き・暮らしの情報
  • 区によくある質問
  • 行事予定
  • 施設案内

ホーム > 厚別区ニュース > 平成30年10月30日号 児童の目線で危険な場所を見つけよう!~共栄小学校「子ども地域安全マップ」作成

ここから本文です。

更新日:2019年1月22日

平成30年10月30日号 児童の目線で危険な場所を見つけよう!~共栄小学校「子ども地域安全マップ」作成

事前学習の様子 フィールドワークの様子1

フィールドワークの様子2 フィールドワークの様子3

10月30日(火曜日)8時45分から、札幌市立共栄小学校(厚別区厚別南2丁目・小笠原康友(おがさわら・やすとも)校長) の3年生約90人が、父母や地域住民、厚別区職員らと一緒に「子ども地域安全マップ」作成を行った。

この学習は、児童が校区内を実際に歩き、通学路や公園にある危険な箇所を自分たちの目線で発見して、危険を回避する能力を身に付けることを目的に、同校3年生の総合的な学習の時間に取り入れられている。

まず、事前学習として、危険な場所と安全な場所の見分け方がイラストや写真を交えて説明された。その後、児童らは5~6人の16グループに分かれ、校区内を歩きながら危険な場所を確認したり、地域の大人らにインタビューをしたり、約1時間30分調査を行った。ジェイ・アール北海道バス株式会社の社員に話を聞いた班の児童らは「自転車が危ないと感じたことはありますか?」「人が歩くとき、危険だと思う場所はありますか?」などと積極的にインタビューをしていた。また、実際にバスの運転席に座り、歩行者が見えなくなる「死角」を体験した。

今後、児童らは地域で確認した情報を基にマップを作成し、発表会を行う予定。

このページについてのお問い合わせ

札幌市厚別区市民部総務企画課

〒004-8612 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目3-2

電話番号:011-895-2400

ファクス番号:011-895-2403