• ホーム
  • 手続き・暮らしの情報
  • 区によくある質問
  • 行事予定
  • 施設案内

ホーム > 厚別区ニュース > 平成30年9月2日号 楽しく遊んで触れ合いを~第25回厚別区子どもまつり

ここから本文です。

更新日:2018年9月18日

平成30年9月2日号 楽しく遊んで触れ合いを~第25回厚別区子どもまつり

出店の様子 ステージ発表「にじりん体操」の様子 巨大迷路の様子

9月2日午前10時から、ふれあい広場あつべつ(厚別区厚別中央1条5丁目)で「第25回厚別区子どもまつり」が開催された。

このイベントは「遊び・ふれあい・そして思いやり」をテーマに、子どもが楽しめる場を提供するとともに、子どもも祭りの運営に携わり、さまざまな世代との交流を通して社会経験を積んでもらうことを目的に、札幌市子ども会育成連合会厚別区支部(支部会長:田中昭夫(たなか・あきお))が主催。運営には区内の各種団体も協力している。

この日はすがすがしい快晴で、多数の親子連れや地域住民が来場。地域の子ども会や各種団体が運営する24の出店にはポップコーンやフランクフルト、くじ引きや射的などが並び、漂う焼き鳥の煙や出店を運営する子どもたちの元気な呼び込みなどで、会場はお祭りムードに包まれていた。

ステージ発表では、札幌市児童会館・ミニ児童会館のマスコットキャラクター「にじりん」と一緒に子どもたちが元気いっぱいに体を動かす「にじりん体操」をはじめ、区内の小・中学校の吹奏楽演奏やキッズダンスなどさまざまな演目が披露された。

また、毎年恒例となっている、区内の児童会館の協力で作られた巨大迷路は今年もオープン前から行列ができるほど大盛況。「にじりんからの挑戦状~色妖精と迷路de(で)ビンゴ~」と銘打った今回の迷路は、行く先々でカラフルな妖精の装飾が待ち受けており、子どもやその保護者などが一緒になって楽しんでいた。

運営スタッフとして参加した中学校2年生の齊藤真央(さいとう・まひろ)さんは「今年で5回目の参加になりますが、祭りが終わった後には、来年もっとたくさんの人が来てくれるようにみんなで振り返りを行っています。こうした活動を通して学校だけではできない経験ができています」と話していた。

このページについてのお問い合わせ

札幌市厚別区市民部総務企画課

〒004-8612 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目3-2

電話番号:011-895-2400

ファクス番号:011-895-2403