• ホーム
  • 手続き・暮らしの情報
  • 区によくある質問
  • 行事予定
  • 施設案内

ホーム > 厚別区ニュース > 平成30年4月6日号 守ろう!交通ルール~「春の全国交通安全運動『セーフティコール旗の波』住民集会」

ここから本文です。

更新日:2018年4月6日

平成30年4月6日号 守ろう!交通ルール~「春の全国交通安全運動『セーフティコール旗の波』住民集会」

大場さんと吉河さんによる交通安全活動宣言の様子 街頭啓発の様子1 街頭啓発の様子2

4月6日(金曜日)14時から、厚別区民センター前(厚別区厚別中央1条5丁目周辺)で、厚別警察署管内の関係者約200人が集まり、交通安全啓発(セーフティーコール)の旗の波運動を行った。

これは、4月6日から4月15日までの10日間、全国で一斉に行われている「平成30年春の全国交通安全運動」の一環として実施されたもの。住民に対して交通安全の普及・浸透を図り、交通ルールの順守と正しい交通マナーの実践を習慣付けるとともに、広く交通事故防止の徹底を図ることを目的に、札幌厚別交通安全協会(会長:大坂仁志(おおさか・ひとし))が、厚別区役所や北広島市役所、厚別警察署などの交通安全関係団体や、札幌地区トラック協会白石支部や白石・厚別建設協会などの地域企業と協力して開催した。

大坂会長が「社会全体に交通安全を浸透させることが交通事故の減少につながります。これからも交通事故をゼロにするために啓発運動を継続していきます」とあいさつ。厚別区交通安全運動推進委員会交通教育指導員の大場朋子(おおば・ともこ)さんと吉河知美(よしかわ・ともみ)さんが「命の尊さと交通事故の悲惨さを深く認識するとともに、交通事故のない安全・安心な社会になるよう活動を継続していきます」と交通安全活動宣言を行った。

街頭啓発では、参加者が「スピードダウン」「シートベルト着用」などと書かれた黄色い旗を持ち、自動車のドライバーや歩行者に交通安全を呼び掛けた。

このページについてのお問い合わせ

札幌市厚別区市民部総務企画課

〒004-8612 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目3-2

電話番号:011-895-2400

ファクス番号:011-895-2403