• ホーム
  • 手続き・暮らしの情報
  • 区によくある質問
  • 行事予定
  • 施設案内

ホーム > 厚別区ニュース > 平成30年3月28日号 保健福祉の取り組みをたたえて~第10回札幌市ぬくもり・すこやか表彰式

ここから本文です。

更新日:2018年3月29日

平成30年3月28日号 保健福祉の取り組みをたたえて~第10回札幌市ぬくもり・すこやか表彰式

 表彰式の様子(西戸さん) 表彰式の様子(豊澤さん)

集合写真 懇談の様子

3月28日(水曜日)11時30分から、札幌市役所(札幌市中央区北1条西2丁目)市長会議室で、札幌市保健福祉局による「第10回札幌市ぬくもり・すこやか表彰式」が行われた。

これは、保健福祉分野において他の模範や先駆けとなる取り組みを行うなど、顕著な実績を上げている個人や団体を表彰し、今後の継続的な活動を推進していくもの。今回は、地域福祉分野で3個人・4団体、高齢福祉分野で1団体が表彰された。

厚別区からは、地域福祉分野で「厚別区女性サークル連絡会(代表:西戸千鶴子(にしと・ちづこ))」と「厚別東地区福祉のまち推進センター(代表:豊澤隆史(とよさわ・たかし))」が表彰され、岸光右(きし・こうゆう)札幌市副市長から、西戸さんと豊澤さんに表彰盾が手渡された。

厚別区女性サークル連絡会は、毎年11月に厚別区民センターで「花のチャリティーバザー」を開催し、季節の花々や観葉植物などを販売した収益金の一部を厚別区民協議会と北海道盲導犬協会に寄付している。他にも、毎年7月には「厚別区民まつり」にボランティアとして参加し、飲食物の販売に従事していることなどが高く評価された。

厚別東地区福祉のまち推進センターは、地域の見守り活動の他、週3日の面談・電話相談の窓口を開設し、誰でも気軽にさまざまな相談ができる体制づくりに取り組んでいる。また、地域での触れ合いを大切にするとともに、健康で自立した生活を送ることができるよう健康増進につながる福まちサロンや、さまざまな体験ができる社会科見学会を開催するなど、幅広い福祉活動が高く評価された。

西戸さんは「厚別区女性サークル連絡会の皆さんのおかげで、26年以上にわたり活動を継続してくることができました。これからも他の模範となれるよう頑張って活動していきます」、豊澤さんは「今回の表彰は、地道に活動してきたことが地域の中で認識されてきた表れだと思うので、今後も継続していきたいです」と話していた。

このページについてのお問い合わせ

札幌市厚別区市民部総務企画課

〒004-8612 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目3-2

電話番号:011-895-2400

ファクス番号:011-895-2403