• ホーム
  • 手続き・暮らしの情報
  • 区によくある質問
  • 行事予定
  • 施設案内

ホーム > 厚別区ニュース > 平成30年3月23日号 優秀な実績をたたえて~平成29年度厚別区民ふれあい事業実践者奨励金授与式

ここから本文です。

更新日:2018年3月23日

平成30年3月23日号 優秀な実績をたたえて~平成29年度厚別区民ふれあい事業実践者奨励金授与式

集合写真(前列:左から由井さん、みずほ楓会(髙澤みずほ楓会会長、川村紀保(かわむら・のりやす)みずほ楓会副会長)、北星学園大学付属高等学校吹奏楽部(渡辺葵(わたなべ・あおい)部長、三浦望(みうら・のぞみ)顧問)、後列:左から厚別区民ふれあい推進会(平木浩昭 授与式の様子1

授与式の様子2 授与式の様子3

3月23日(金曜日)午前10時から、厚別区役所(厚別区厚別中央1条5丁目)で、平成29年度厚別区民ふれあい事業実践者奨励金授与式が行われ、札幌市子ども会育成連合会厚別区支部で活動する由井洋子(ゆい・ようこ)さん、もみじ台地区で活動する老人クラブ・みずほ楓会(会長:髙澤英治(たかさわ・えいじ))、北星学園大学付属高等学校吹奏楽部(学校長:今城慰作(いまじょう・いさく))に奨励金が授与された。

この奨励金は、厚別区民ふれあい推進会(会長:牧野弘志(まきの・ひろし))が、区民の心の触れ合いと連帯感を高め、人情味あふれるまちづくりを進める活動を行い、優れた実績を残した個人や団体に授与しているもの。

由井さんは、平成7年度から厚別区子ども会連絡協議会(現札幌市子ども会育成連合会厚別区支部)の理事を歴任し、平成22年度からは副支部長として同会の運営に大きく寄与。三世代ふれあいキャンプや子どもまつり、ジュニアリーダー研修会の企画・運営で中心的な役割を果たすなどの活動実績が評価された。

みずほ楓会は、年4回の交通安全運動街頭啓発や、札幌市立もみじの丘小学校前にある62カ所の花壇の管理をはじめとする社会奉仕活動、もみじの丘ミニ児童会館・もみじ台ふれあい児童会館の児童たちとの交流などを行ってきた活動実績が評価された。

北星学園大学付属高等学校吹奏楽部は、平成28・29年度に「全日本吹奏楽コンクール北海道大会」で金賞を受賞した他、「全日本高等学校吹奏楽大会in横浜」へ出場した。また、区内の老人保健施設での演奏会や厚別区民まつりでのステージ発表などを通して、地域の芸術文化振興に貢献した活動実績が評価された。

授与式では、牧野会長から「皆さまの顕著なご活躍は厚別区民にとって喜ばしいことです。今後も地域の活性化のために活動の場を広げていただきたいです」とお祝いの言葉が贈られ、出席者から「これからも活躍していけるよう頑張ります」と今後の活動に当たっての抱負が述べられた。

このページについてのお問い合わせ

札幌市厚別区市民部総務企画課

〒004-8612 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目3-2

電話番号:011-895-2400

ファクス番号:011-895-2403