• ホーム
  • 手続き・暮らしの情報
  • 区によくある質問
  • 行事予定
  • 施設案内

ホーム > 厚別区ニュース > 平成30年1月8日号 成人としての自覚と希望を胸に~「平成30年厚別区新成人のつどい」

ここから本文です。

更新日:2018年1月9日

平成30年1月8日号 成人としての自覚と希望を胸に~「平成30年厚別区新成人のつどい」

記念撮影の様子1 記念撮影の様子2

子出藤さん(左側)と齊藤さん(右側)による新成人代表のあいさつ  新成人同士で記念撮影をする様子

1月8日(祝日)13時から、ホテルエミシア札幌(厚別区厚別中央2条5丁目)で厚別区成人の日行事実施委員会主催の「平成30年厚別区新成人のつどい」が開かれた。

厚別区では本年度1,211人(男性589人、女性622人)が成人を迎え、928人(男性477人、女性451人)が式典に参加した。会場では、華やかな振り袖やスーツなどの晴れ着に身を包んだ新成人たちが、友人と近況報告をしたり、記念撮影をしたりして楽しんでいた。

式典では、鎌倉秀幸(かまくら・ひでゆき)実施委員長から「本日はおめでとうございます。これまで皆さんを育て見守ってくれたご両親や、お世話になった方たちに感謝の気持ちを伝えるとともに、夢の実現に向け努力してください」とお祝いと激励の言葉があった。また、新成人を代表して青葉地区から子出藤大輝(ねでふじ・だいき)さん、厚別東地区から齊藤百恵(さいとう・ももえ)さんが「成人としての自覚を持ち、悔いのない生き方をしていきます。また、何事にも前向きに取り組み、社会の信頼に応えられる人間でありたいです」と決意を述べていた。

その後行われたパーティーでは、バイオリニストで札幌交響楽団コンサートマスターの大平まゆみ(おおひら・まゆみ)さんとピアニストの木原奈津子(きはら・なつこ)さんによるお祝いミニコンサートや、お楽しみ抽選会が行われた。

最後に、北海道大学のサークル「北海道大学バンザイ魂」が、万歳三唱で新成人の門出を祝い、大盛況のうちにパーティーが終了した。

航空整備士になるための専門学校に通っている新成人の間野尚也(まの・なおや)さんは「何歳になっても『生涯勉強』を心掛け、夢に向かって頑張っていきたい」と力強く話していた。

このページについてのお問い合わせ

札幌市厚別区市民部総務企画課

〒004-8612 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目3-2

電話番号:011-895-2400

ファクス番号:011-895-2403