• ホーム
  • 手続き・暮らしの情報
  • 区によくある質問
  • 行事予定
  • 施設案内

ホーム > 厚別区ニュース > 平成29年12月18日号 札幌市立もみじの森小学校の児童から「見守り隊」に寄せ書きをプレゼント

ここから本文です。

更新日:2017年12月19日

平成29年12月18日号 札幌市立もみじの森小学校の児童から「見守り隊」に寄せ書きをプレゼント

寄せ書きを手渡す様子 記念撮影(写真左から小飼会長、幸田さん、小松君、若松校長、阿部君)

12月18日午後2時40分、もみじ台管理センター(厚別区もみじ台北7丁目)で、札幌市立もみじの森小学校(若松淳司(わかまつ・じゅんじ)校長)の児童がもみじ台地区社会福祉協議会(会長:小飼八洲紘(こがい・やすひろ))に感謝を伝える寄せ書きをプレゼントした。

もみじ台地区社会福祉協議会では、子どもたちに安心して通学してもらうことを目的とした活動「見守り隊」を今年10月から開始。65人の地域住民がボランティアで参加しており、札幌市立もみじの丘小学校と札幌市立もみじの森小学校の登下校の時間帯に、両校の通学路に立ち、児童たちに「おはよう」「行ってらっしゃい」「お帰りなさい」などと声を掛ける見守り活動を行っている。活動を始めて2カ月ほどたった今では、ボランティアと児童が顔見知りになったり、児童から「行ってきます」「ただいま」とあいさつをしたりするなど、地域の交流にもつながっている。

そこで、札幌市立もみじの森小学校では、全校生徒一人一人が「見守り隊」への感謝の気持ちを寄せ書きにし、同校を代表して、6年生で児童会会長を務める小松柊斗(こまつ・しゅうと)君と、6年生で児童会副会長を務める阿部愛輝(あべ・あいき)君が、「見守り隊」の小飼会長と幸田啓子(こうだ・けいこ)さんに手渡した。小松君と阿部君が「いつもありがとうございます」と感謝の気持ちを伝えると、小飼会長と幸田さんは「みんなにあいさつをすると、私たちも元気をもらえます。こちらこそありがとう」と笑顔で応えていた。

このページについてのお問い合わせ

札幌市厚別区市民部総務企画課

〒004-8612 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目3-2

電話番号:011-895-2400

ファクス番号:011-895-2403