• ホーム
  • 手続き・暮らしの情報
  • 区によくある質問
  • 行事予定
  • 施設案内

ホーム > 厚別区ニュース > 平成29年11月17日号 真心を込めた手作り品を販売~第16回小規模作業所産品合同展示即売会

ここから本文です。

更新日:2017年11月17日

平成29年11月17日号 真心を込めた手作り品を販売~第16回小規模作業所産品合同展示即売会

展示即売会の様子1 展示即売会の様子2 展示即売会の様子3

11月17日(金曜日)10時から、複合商業施設サンピアザ(厚別区厚別中央2条5丁目)1階光の広場で「第16回小規模作業所産品合同展示即売会」が開催されている。

これは、障がい者の働く場・社会参加の場である通所施設や小規模作業所の利用者が製作した販売品を通して、障がい者への理解を促すとともに、販売品を購入してもらうことで障がい者の社会的地位の向上や自立を目指すことを目的に、小規模作業所産品合同展示即売実施委員会(代表:小川正雄(おがわ・まさお))が、平成14年から毎年開催しているもの。

この日の展示即売会には厚別区内の施設をはじめとする13施設が出店。クリスマスリースや正月用のしめ飾りなどの手芸品、財布やアクセサリーなどの雑貨品、プロセスチーズを薫製にした「北海道チーズスモーク」など、施設の利用者が真心込めて手作りした品々が所狭しと並べられ、販売品を買い求める人でにぎわっていた。

スモークチーズを購入した梶本高子(かじもと・たかこ)さんは「このイベントを毎年楽しみにしています。スモークチーズは1本買う予定でしたが、試食するとおいしかったので、家族のためにもう1本買いました」と話していた。

この展示即売会は11月19日までの期間、同会場で午前10時~午後9時に開催している。

このページについてのお問い合わせ

札幌市厚別区市民部総務企画課

〒004-8612 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目3-2

電話番号:011-895-2400

ファクス番号:011-895-2403