• ホーム
  • 手続き・暮らしの情報
  • 区によくある質問
  • 行事予定
  • 施設案内

ホーム > 厚別区ニュース > 平成29年10月20日号 花と緑で町づくりに取り組もう!~あつべつ花フェスタ2017秋

ここから本文です。

更新日:2017年10月23日

平成29年10月20日号 花と緑で町づくりに取り組もう!~あつべつ花フェスタ2017秋

講演の様子 「厚別区フラワーガーデニングコンテスト2017」の座談会の様子 「厚別区フラワーガーデニングコンテスト2017」の受賞作品を見ている来場者

10月20日(金曜日)13時30分から、複合商業施設サンピアザ(厚別区厚別中央2条5丁目)1階「光の広場」で「あつべつ花フェスタ2017秋」が開催され、多くの来場者が参加した。

このイベントは「花」という共通の趣味を通して参加者同士の交流を深めるとともに、専門家の講演によるガーデニング技術の向上や、花や緑を通した町づくり活動へのさらなる動機付けなどを目的として、厚別区が平成21年度から毎年、春と秋の年2回実施しているもの。

この日の講師は、株式会社きゃろっと取締役専務で恵庭市を中心に花の町づくりに取り組んでいる内倉真裕美(うちくら・まゆみ)さん。「魅(み)せるガーデニング~オープンガーデンから育む花のまちづくりと魅力的なガーデン作りのコツ~」をテーマに、個人や商店などが自分たちで手入れしている庭を一定期間公開するオープンガーデンの魅力や、恵庭市恵み野商店街の店主らで組織される「恵み野商店会」が中心となって、老朽化した歩道上の花壇を2年かけてリニューアルすることで、活気あふれる町づくりに貢献してきたことなどが紹介された。この他にも「花だけではなく、葉の大きい緑の植物を入れることが大切です」「鉢やコンテナなどは色や形をそろえると統一感が出てきれいに見えます」とガーデニングのこつを伝えると、参加者たちはうなずいたり、ノートにメモを取ったりしていた。

この日は、厚別区が区内の個人や団体が手入れしている庭や花壇の写真を募集し、市民からの一般投票と専門家による審査で受賞作品を決定する「厚別区フラワーガーデニングコンテスト2017」の表彰式も併せて開催。表彰式後の各部門の最優秀賞受賞者4人と審査委員長を務める内倉さんとの座談会では、スクリーンに映し出された受賞作品を見ながら、受賞者による作品紹介と内倉さんからの講評が行われた。

講演会に参加した亀岡桂子(かめおか・けいこ)さんは「花を引き立てるための緑が大切なことを再認識しました。来年のガーデニングに生かしたいと思います」と笑顔で話していた。

このページについてのお問い合わせ

札幌市厚別区市民部総務企画課

〒004-8612 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目3-2

電話番号:011-895-2400

ファクス番号:011-895-2403