• ホーム
  • 手続き・暮らしの情報
  • 区によくある質問
  • 行事予定
  • 施設案内

ホーム > 厚別区ニュース > 平成29年10月20日号 迫力ある演技に感動!~平成29年度「小学校演劇鑑賞会」

ここから本文です。

更新日:2017年10月23日

平成29年10月20日号 迫力ある演技に感動!~平成29年度「小学校演劇鑑賞会」

劇中の様子1 劇中の様子2

10月20日午前10時から、サンピアザ劇場(厚別区厚別中央2条5丁目)で平成29年度「小学校演劇鑑賞会」が行われ、札幌市立信濃小学校・もみじの森小学校の5年生 166人が、札幌座第53回公演『空知(そらし)る夏の幻想曲(ファンタジー)』を鑑賞した。

この鑑賞会は、子どもたちに豊かな感性や創造性を養ってもらい、コミュニケーション能力や自己表現力を向上させ、将来の地域コミュニティーづくりの担い手として成長してもらうことを期待して厚別区が企画しているもので、今年で3回目を迎える。9月には事前学習として、同公演の演者がワークショップ(体験型学習)を開催。児童たちは実技を交えた演技指導を受けたり、観劇のポイントを学んだりして、演劇への関心を高めていた。

『空知る夏の幻想曲』は、ある夏の日、空知の旧産炭地で小麦農家を営む主人公が廃坑に小麦粉を届けに行くが、ひょんなことからトラブルに巻き込まれ、廃坑に閉じ込められてしまうところから始まるファンタジー調の物語。ストーリーの中では、「炭鉱の衰退と近年の北海道の石炭需要増加」「北海道産小麦と空知地方の農業の歴史」といった北海道らしいテーマがユーモアを交えながらテンポよく描かれ、児童たちの目は舞台にくぎ付けになっていた。

鑑賞後、児童たちは「方言や知っている地名がたくさん出てきておもしろかった」「セットや小道具を使った演技は迫力があった」などの感想を話していた。

このページについてのお問い合わせ

札幌市厚別区市民部総務企画課

〒004-8612 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目3-2

電話番号:011-895-2400

ファクス番号:011-895-2403