• ホーム
  • 手続き・暮らしの情報
  • 区によくある質問
  • 行事予定
  • 施設案内

ホーム > 厚別区ニュース > 平成29年9月13日号 地域の素敵な「おせっかいやき」になろう!~「キャンパスタウン厚別」

ここから本文です。

更新日:2017年9月14日

平成29年9月13日号 地域の素敵な「おせっかいやき」になろう!~「キャンパスタウン厚別」

グループワークの様子 グループ発表の様子 

9月13日12時から、北星学園大学(厚別区大谷地西2丁目)で、厚別区在住の60歳以上を対象とした講座「キャンパスタウン厚別」の開講式が行われた。

この講座は、高齢者自身に地域活動の担い手や地域の相談役になってもらおうと、北星学園大学(学長:田村信一(たむら・しんいち))と厚別区(区長:平木浩昭(ひらき・ひろあき))が連携して開催しているもので、今年で3回目。今回は52人の受講生が10月4日までに行われる7回の講座を通して、地域活動に参加する意欲を高めるとともに、地域活動に必要な知識を身に付ける。

開講式では、平木区長が「本日は入講おめでとうございます。新しい仲間と一緒に元気に学び、今後の地域活動に生かしてください」とあいさつ。田村学長は「地域の大学として、生涯学習の場としても活用してほしい。みなさんが地域活動に参加するための有意義な学びになることを願っています」と受講者に話していた。

開講式の後には「社会参加でイキイキ生きる!」をテーマとした第1回目の講義が行われ、地域活動に参加する意欲を高めるため、現在どのような社会参加をしているか、これからどのような社会参加をしていきたいかを話し合った。受講生は7~8人のグループに分かれ、自分の考えを付箋に書き出して模造紙に貼り付けていきながら「私は近所に住んでいる高齢の人が困っている時に手助けをしています」「ごみを拾ったり、スポーツをしたりすることも立派な社会参加ではないか」など、活発に意見を交わしていた。

参加した玉木としこ(たまき・としこ)さんは「勤めていた会社を退職した後、どのように社会参加をしたら良いかを考えていました。講義で得た知識を地域のために活用したいです」と話していた。

このページについてのお問い合わせ

札幌市厚別区市民部総務企画課

〒004-8612 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目3-2

電話番号:011-895-2400

ファクス番号:011-895-2403