• ホーム
  • 手続き・暮らしの情報
  • 区によくある質問
  • 行事予定
  • 施設案内

ホーム > 厚別区ニュース > 平成29年9月8日号 第67回「社会を明るくする運動」~平成29年度公開セミナー

ここから本文です。

更新日:2017年9月11日

平成29年9月8日号 第67回「社会を明るくする運動」~平成29年度公開セミナー

公開セミナーの様子1 公開セミナーの様子2 

9月8日(金曜日)14時から、厚別区民センター(厚別区厚別中央1条5丁目)で「第67回『社会を明るくする運動』~平成29年度公開セミナー」が行われ、区内で活動する保護司や教育関係者、地域住民ら136人が参加した。

この運動は、犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更正について理解を深めるとともに、犯罪の無い明るい地域社会を築こうと法務省が主唱しているもの。札幌市厚別区保護司会(会長:栗生賢一(くりう・けんいち))では、この運動の一環として非行・犯罪・再犯の無い社会を目指し、毎年、公開セミナーを開催している。

この日は「親の役割を高めるための対話」をテーマに、親業(おやぎょう)訓練協会 親業訓練シニアインストラクターの高橋美恵子(たかはし・みえこ)氏を講師に迎え、子どもが犯罪に巻き込まれないようにするために、親が果たす役割や親子のコミュニケーションなどについて講演が行われた。

講師が「『親が子どもの話をよく聞くこと、お互いの気持ちや考えを率直に話すこと、対立した時はお互いが満足できる解決策を探すこと』の3つが重要です」と話すと、参加者たちはうなずいたり熱心にノートにメモを取ったりしていた。

公開セミナーに参加した西岡紀子(にしおか・としこ)さんは「親が子どもに良かれと思って掛けた言葉でも、子どもの受け止め方は違うこともあるので、お互いの気持ちを素直に言い合うことができる関係が大切であることを学びました」と話していた。

このページについてのお問い合わせ

札幌市厚別区市民部総務企画課

〒004-8612 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目3-2

電話番号:011-895-2400

ファクス番号:011-895-2403