• ホーム
  • 手続き・暮らしの情報
  • 区によくある質問
  • 行事予定
  • 施設案内

ホーム > 厚別区ニュース > 平成29年8月29日号 地域のみんなで災害に備えよう!~平成29年度厚別区防災訓練

ここから本文です。

更新日:2017年8月30日

平成29年8月29日号 地域のみんなで災害に備えよう!~平成29年度厚別区防災訓練

 消火訓練の様子 応急担架作成訓練の様子

 倒壊家屋救出訓練の様子 地下浸水体験の様子

8月29日午前9時30分から、札幌市立厚別中学校(厚別区厚別東3条5丁目・遠山博雅(とうやま・ひろまさ)校長)で「平成29年度厚別区防災訓練」が行われ、厚別東地区の住民120人、防災関係機関の職員100人、同校の生徒145人の合計365人が参加した。

これは、9月1日の「防災の日」を前に厚別区役所が企画し、住民の防災意識の向上、防災関係機関と区民の連携の強化を目的として毎年実施している。この日は、午前9時頃に石狩地方中部を震源とする地震が発生し、札幌市では震度7の揺れが観測され、厚別区内各所で家屋の倒壊や火災、連日の荒天による洪水などが発生した想定で行われた。

参加者は、厚別消防署、厚別消防団、札幌市赤十字奉仕団厚別分団、厚別区災害防止協力会の皆さんの指導を受けながら、水消火器で的を狙う消火訓練や、毛布と長竿を使い歩行困難な負傷者を搬送する応急担架作成訓練の他、倒壊家屋救出訓練や応急手当訓練などを行った。また、今年は初めて地下浸水体験も行われ、水槽の仕切り部分に実物大のドアを設置し、浸水時のドアの開閉の困難さを体感した。

訓練に参加した川岸辰男(かわぎし・たつお)さんは「災害は起きないことが望ましいですが、災害が起きた時には今回の防災訓練で得た知識や技術を役立てたいです」と話していた。

また、会場では札幌方面厚別警察署と陸上自衛隊第11旅団第18普通科連隊による災害時に出動する車両や装備品の展示などもあり、参加者は警察車両や自衛隊車両に乗り込んだり、装備品を手に取ったりしていた。

厚別区災害対策本部長の平木浩昭(ひらき・ひろあき)厚別区長が「本日は、皆さまのご協力により、官民一体となって訓練を実施することができました。災害はいつどこで起きるか分かりませんので、日頃から防災に対する認識を持っていただき、これからも一緒に安全で安心なまちづくりに取り組んでいきましょう」と講評した。

このページについてのお問い合わせ

札幌市厚別区市民部総務企画課

〒004-8612 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目3-2

電話番号:011-895-2400

ファクス番号:011-895-2403