• ホーム
  • 手続き・暮らしの情報
  • 区によくある質問
  • 行事予定
  • 施設案内

ホーム > 厚別区ニュース > 平成29年8月20日号 一味違う写真が撮れる!~「プロから教わる!写真教室」

ここから本文です。

更新日:2017年8月21日

平成29年8月20日号 一味違う写真が撮れる!~「プロから教わる!写真教室」

 撮影実習の様子1 撮影実習の様子2

 撮影実習の様子3 撮影実習の様子4

8月20日(日曜日)10時から、青葉中央公園(厚別区青葉町5丁目)、科学館公園、厚別区役所(厚別区厚別中央1条5丁目)で「プロから教わる!写真教室」が開催され、16人がデジタル一眼レフカメラを片手に参加した。

この教室は、国内外で活躍する北海道出身の写真家・佐藤雅英(さとう・まさひで)氏と中村健太(なかむら・けんた)氏を講師に招き、プロの撮影技術を学ぶとともに、厚別区の自然や風景を撮影することで厚別区の魅力を再認識してもらおうと、株式会社札幌副都心開発公社、北星学園大学、厚別区が連携協力して実施する三者連携事業の一環として株式会社札幌副都心開発公社(代表取締役社長:髙橋稔(たかはし・みのる))が主催、厚別区が協力して実施したもの。

両公園で行われた撮影実習では、参加者たちは写真撮影で最も重要な「光」をうまく扱う技術を中心に学んだ。公園内の花や草木、噴水といった被写体をより魅力的に写真に収められるよう、順光・逆光による写り方の違いや被写体に光を反射させるレフ板の扱い方、カメラの設定やレンズによる写り方の違いなどを講師が一人一人にアドバイスしていった。普段はオートモードでしか撮影しないという参加者も、実際に光の向きを考えたり、カメラの設定を自分で調節したりしながら撮影することで「光の向きで色味や写真の印象が全然違うね」「意図的に暗く映る部分を作ることで、明るい部分が映えるね」と話していた。

午後には参加者が撮影した写真の講評や佐藤氏による講義が行われ、より魅力ある写真を撮影するためのこつが解説された。

なお、三者連携事業では「第8回 みんなの!新さっぽろフォトコンテスト」を共催し、厚別区内の自然や景色、街並み、人々の暮らしなどの写真を9月4日(月曜日)から30日(土曜日)まで募集する。詳細はサンピアザや厚別区役所で配布するチラシまたは厚別区ホームページで案内している。

このページについてのお問い合わせ

札幌市厚別区市民部総務企画課

〒004-8612 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目3-2

電話番号:011-895-2400

ファクス番号:011-895-2403