• ホーム
  • 手続き・暮らしの情報
  • 区によくある質問
  • 行事予定
  • 施設案内

ホーム > 厚別区ニュース > 平成29年7月12日号 厚別を花と緑の町に~ガーデニングde(で)お近付き みんなで一緒にまちづくり教室

ここから本文です。

更新日:2017年7月14日

平成29年7月12日号 厚別を花と緑の町に~ガーデニングde(で)お近付き みんなで一緒にまちづくり教室

花植えの様子1 花植えの様子2 

 花植えの様子3 集合写真

7月12日(水曜日)9時30分から、厚別区役所前(厚別区厚別中央1条5丁目)で「ガーデニングdeお近付き みんなで一緒にまちづくり教室」が開催され、25人が参加した。

これは、厚別区が昨年まで実施しているガーデニングの基礎知識を習得する「ガーデニング入門講座」に、体験を組み合わせた新しい講座。これまで個人で庭造りに取り組んできた参加者同士の交流を促し、花と緑あふれるまちづくり活動に参加してもらおうと、今年初めて開催した。全5回で構成され、6月7日の第1回目は座学の講義、6月14日の第2回目は国道12号の植栽体験が行われた。

この日は、株式会社きゃろっと取締役専務の内倉真裕美(うちくら・まゆみ)氏を講師に招き、大型のプランターに花植えするコンテナガーデニングの実習が行われた。

初めに、参加者たちは講師から「花をいきなり植えるのではなく、土を敷き詰めたコンテナに花を仮置きし、デザインを決めてから作業に取り掛かってください」「花をポットから出した後は、はさみやシャベルで根を十字に切ってほぐしてから植えるとよく育ちます」など花植えのこつを教わった後、作業を開始。「もう少し花を詰めて配置した方が、花が成長した後でも見栄えが良くなるね」「背の高い花を中心に背の低い花を回りに配置すると、立体感が出てそれぞれの花の個性が出るね」など話し合いながら作業を行い、7基のコンテナを完成させた。

参加した高橋裕美(たかはし・ゆみ)さんは「花を長持ちさせきれいな状態に保つためには、思い切って咲いている花や茎を間引くことも大切であることを学びました」と話していた。

花植えをしたコンテナは、まちづくりの一環として景観美化に役立てるため、区役所玄関横に設置し、第5回目の講座が終わる9月13日まで、参加者たちが定期的に水やりや手入れなどの管理を行っていく。

このページについてのお問い合わせ

札幌市厚別区市民部総務企画課

〒004-8612 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目3-2

電話番号:011-895-2400

ファクス番号:011-895-2403