• ホーム
  • 手続き・暮らしの情報
  • 区によくある質問
  • 行事予定
  • 施設案内

ホーム > 厚別区ニュース > 平成29年6月22日号 「上野幌中学校であ・そ・ぼっ♪」~上野幌中学校の生徒が親子と交流

ここから本文です。

更新日:2017年6月23日

平成29年6月22日号 「上野幌中学校であ・そ・ぼっ♪」~上野幌中学校の生徒が親子と交流

 交流の様子1 交流の様子2 フェルトのリストバンドを赤ちゃんにプレゼントする様子

6月22日(木曜日)9時50分から、札幌市立上野幌中学校(厚別区上野幌2条3丁目・中山勝喜(なかやま・かつのぶ)校長)で生徒と乳幼児が触れ合う「上野幌中学校であ・そ・ぼっ♪」が行われ、2年生の生徒34人が親子15組と交流した。

これは、生徒が乳幼児とその親との触れ合いを通して小さな子どもへの関心を高め、命の尊さや男女が共に子育てに関わる大切さなどを学ぶことを目的に、厚別区健康・子ども課が民生委員・児童委員や子育てボランティアの協力を得ながら、同校と連携して実施している。

初め、緊張した面持ちの生徒たちは、お母さんから抱き方を教わり恐る恐る赤ちゃんを抱き上げていたが、次第に生徒たちの顔がほころび、赤ちゃんをあやしたり、おもちゃで一緒に遊んだりして触れ合いを楽しんだ。

最後は、2人の生徒が代表して「普段は小さな子どもたちと接する機会が少ないので、今日は貴重な経験ができました」と親子に感謝の気持ちを伝え、生徒全員で作ったフェルトのリストバンドや絵本を赤ちゃんたちにプレゼントした。

参加した鹿又智絵(しかまた・ちえ)さん、颯太(そうた)くん、楓夏(ふうか)ちゃん親子は「生徒さんの子どもの扱いが上手だったことに驚きました。子どもたちが生徒さんに『高い高い』をしてもらったり、ボール遊びをしてもらったりしてとても楽しく遊んでいたので、参加して良かったです」と笑顔で話していた。

このページについてのお問い合わせ

札幌市厚別区市民部総務企画課

〒004-8612 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目3-2

電話番号:011-895-2400

ファクス番号:011-895-2403