• ホーム
  • 手続き・暮らしの情報
  • 区によくある質問
  • 行事予定
  • 施設案内

ホーム > 厚別区ニュース > 平成28年9月26日号 迫力ある演劇に感動~平成28年度「小学校演劇鑑賞会」

ここから本文です。

更新日:2016年9月28日

平成28年9月26日号 迫力ある演劇に感動~平成28年度「小学校演劇鑑賞会」

劇中の様子1 劇中の様子2 劇中の様子3

9月26日(月曜日)13時30分から、サンピアザ劇場(厚別区厚別中央2条5丁目)で平成28年度「小学校演劇鑑賞会」が行われ、上野幌小学校5年生の児童27人が、札幌座第50回公演「肝っ玉おっ母とその子どもたち」を鑑賞した。

この鑑賞会は、子どもたちの豊かな感性や創造性を養い、コミュニケーション能力や自己表現力の向上を図ることにより、将来の地域コミュニティーづくりの担い手として成長してもらうことを期待して厚別区が企画し、今年で2回目。区内4小学校の5年生241人が26日・27日の2日間で同公演を鑑賞する。

各校では鑑賞会までに事前学習として同公演の演者によるワークショップ(体験型学習)を行っており、参加した児童たちは演劇の楽しさや魅力を知ったり、実技を交えた演技指導を受けたりして、演劇への関心を高めていた。

「肝っ玉おっ母とその子どもたち(ブレヒト作)」は、17世紀に起こった三十年戦争中のヨーロッパを舞台に、戦時中の乱世を必死に生き抜いた女商人・アンナの生き様とその時代の経済活動を描いた作品。アンナは、幌車を酒場にして兵隊相手に商売をしており、戦争によって生計を立てられている一方、その戦争に子どもたちを一人また一人と奪われてしまう。演者の巧みな感情表現や迫力ある掛け合い、時にはユーモアを交えた演技に、児童たちの目は舞台にくぎ付けになっていた。

鑑賞後、児童たちは「歌がたくさん出てきて楽しかった」「子どもたちを戦争に奪われてしまったことは悲しかったけど、笑ってしまった場面もあった」などの感想を話していた。

なお、この公演は28日(水曜日)まで同劇場で開催される。(当日券有り。一般:3,000円、学生:1500円、高校生以下:1000円)

このページについてのお問い合わせ

札幌市厚別区市民部総務企画課

〒004-8612 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目3-2

電話番号:011-895-2400

ファクス番号:011-895-2403