• ホーム
  • 手続き・暮らしの情報
  • 区によくある質問
  • 行事予定
  • 施設案内

ホーム > 厚別区ニュース > 平成28年6月8日号 自分を守る「あんぜんスイッチ」をオン!~平成28年度厚別区防犯教室

ここから本文です。

更新日:2016年6月8日

平成28年6月8日号 自分を守る「あんぜんスイッチ」をオン!~平成28年度厚別区防犯教室

 「だるまさんがころんだ」を題材に周りを意識する練習をしている様子 新聞紙を丸めた棒で安全な距離感を体感する方法を伝えている様子 身を守るポイントを学ぶ様子

6月8日(水曜日)、ひばりが丘小学校(厚別区厚別中央2条4丁目)で「平成28年度厚別区防犯教室」が開催された。

同教室は、子どもたちが犯罪に巻き込まれないために、自分の身を守る力を付けることを目的に、各地区まちづくり会議、小学校長会厚別支部、厚別区PTA連合会、厚別警察署、厚別区役所など各種団体で構成する「厚別区防犯ネットワーク」(代表:白川典洋(しらかわ・のりひろ))が主催したもの。

今回は「うさぎママのパトロール教室」を主宰する武田信彦(たけだ・のぶひこ)氏が先生となり、1~6年生の児童が「自分を守ろう」と意識をする「あんぜんスイッチ」を入れる大切さを学んだ。

児童たちは「だるまさんがころんだ」を題材に「周りをよく見て、よく聞いて歩く」こつを練習したり、新聞紙で作った82cmの棒を使って「安全を保つことができる、人との距離感」を体感したりしていた。また「一人にならない」「すぐ逃げる」「『助けて』と伝える」など自分の身を守るポイントをクイズや実演を通して楽しみながら学んでいた。

同教室は、6月9日(木曜日)に上野幌小学校、10日(金曜日)に大谷地東小学校で開催される予定。

このページについてのお問い合わせ

札幌市厚別区市民部総務企画課

〒004-8612 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目3-2

電話番号:011-895-2400

ファクス番号:011-895-2403